警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

黒木昭雄さんへ

 11月2日午前11時5分ごろ、千葉県市原市 今富の寺の敷地内に止まっていた乗用車内で、

ジャーナリスト黒木昭雄さん が死亡しているのを家族が見つけ たそうです。

まことに残念。他に言語がありません。

非常に失礼ですが、普通のお悔やみを軽々しく言う気にもなれない。無念の思いと、天に向けた怒りが吹き抜ける思いです。

 黒木さん の存在が無ければ、私の「悪魔と踊ろう」は、形さえない。
何にも無かった。屁にもなってない。

まことに無念です。

できれば、黒木さんと話をしたかった。
      ・・・・・・・・・・・・・~ある筋から・・pcオンチである私のPCに、“会話”ができる装置を入れて貰い
      黒木さんと会話ができる様にして頂きました。~ちょうど「岩手17」が始まった~あたりだった。 

 黒木さんが「俺の様なヤツと話してくれるのか?」・・・ただの不安だけでコンタクトをとり、一言二言~挨拶をした。
突然の“土佐のゴリラ”乱入に、丁寧に応対して頂きましたが、いそがしい黒木さんに“別の電話”の着信音が、PCに聞き取れました。

 「岩手17」~・・・私の「悪魔と踊ろう」とそっくりだ。
無性に話がしたかったが、おそらく夜も寝られない位・いそがしいだろう黒木さんに、どこの馬の骨か、~土佐のゴリラが仕事
の邪魔をするわけにもいかず、数十秒の挨拶で終わりました。

まことに残念無念。他には何も言えない。

・・・・・・・・・黒木さん~あんた、今からですよ。いまから、これから、さらに頑張る・時代が来る。

 岩手17・足利事件・志布志事件・高知白バイ事件・愛媛白バイ事件・無名の「悪魔と踊ろう」~他にもいくらでもある~全部いっしょ。
~警察による“創作型”「冤罪事件」・・・・早い話「警察犯罪」が全国で蔓延中~
・・・・・・・・いまから~“黒木”~の時代だった!

黒木さん~俺は、飲み過ぎの糖尿病ですが、一緒に飲みたかった。

   田んぼの中で、ワラしか入ってない、アホみたいなカカシを見たら、そいつは俺だ。
   車に跳ねられ一本足になった犬が、一生懸命~夢を見ながら歩いているのを見たら、そいつも俺だ。
   クソ(警察)の中で、ミミズが汗を流しなが、必死で蠢い(うごめい)ているのを見たら、そいつが俺だ。
     俺がクソ(警察)の中で、ミミズをヤッテたとき、ヤツラはオカマをヤリながら、クソ(警察)の中で舌を出して笑ってた。
     俺がクソ(警察)の中でミミズをヤッテたとき、10円分でイイからバスの切符を買って、10円分で良いからクソ(警察)から
     ~遠のきたかった。
     ・・・・・・・・・・・・・・~が、女房・子供の笑顔を見ると、何もできなかった。
    
     俺がクソ(警察)の中でミミズをヤッテたとき、~外に光りを見たのは“黒木昭雄さん” アンタの光だよ



足利事件(あしかがじけん)とは、1990年5月12日、栃木県足利市にあるパチンコ店の駐車場から女児(4歳)が行方不明
になり、翌朝、近くの渡良瀬川の河川敷で遺体となって発見された事件。犯人として逮捕起訴され、実刑が確定して服役を
余儀なくされた菅家利和と、遺留物のDNA型が一致しないことが2009年5月の再鑑定により判明し、無実、冤罪であったことが発覚。
服役中だった菅家さんは、釈放され、その後の再審で無罪が確定した。

  <この足利事件 >
    ある情報筋によると 菅家利和さん を最初に取り調べた刑事は、菅家さんを「シロ」~“犯人ではない”と言ったらしいが、
    その刑事は、即刻~駐在へ飛ばされたらしい。


曽我部司著 「北海道警察の冷たい夏」(講談社文庫/2005年刊)から~

  2002年に発覚した北海道警察 現職警部が、拳銃の所持と覚醒剤の使用、そしてその売買にまで関っていたとして
 逮捕された事件のドキュメント。

  地元のマスコミが、分かっていながら報じなかった「稲葉警部事件」の事実と、それを隠蔽し続けた北海道警察の腐敗を
 暴く内容ですが、この事件の結末の一部~・・・事件にかかわった“現場刑事”は、その後~北海道の端々へ~
 バラバラに吹き飛ばされた。~とのこと。




  笑っている警察幹部・涙が涸れた現場の警察官。冤罪で苦しむ人々・警察犯罪で泣くにも泣けない吊された人。
 黒木さん を 必要とする人々は、無数にいた。

後に残った者は、黒木さん の意志を継承し、彼の功績を称えあげるべきです。


「高知白バイ事件」 これほど解りやすい「警察犯罪」は、他に無い。

それが、あまりに解りやすい故に、クソ(警察)は、奇弁と迷学を駆使し戦争中の「大本営発表」より
~さらに高度な報道管制を全国に敷き詰め巧みな論戦に持ち込み、

いかにも科学的・民主的であるかのように装いながら、最大限に時間稼ぎをして
“事件” “警察犯罪” を風化さすことにより、“隠蔽” しようとしている。~クソ(警察)の“お家芸”だ。

私は、“眼”で見て、“確認”できる事しかブログに出さない。
日本人は「何かむずかしい」理屈を「高度な理論」であると“錯覚”する“癖”が、子供の頃の“受験戦争”時代から培われている。

~まず眼だ。・・・生きている人間は、平気でウソをつくが~現場と死体は、決してウソをつかない~

私が繰り返し使っている下の写真は、すべて警察が提出した写真です。

有名な「お絵描き」のスリップ痕・・・先端だけ“奇妙”に黒いから
通称~オタマジャクシと呼ばれています。~アホの“看板”

12729302624bdf5fd6501e8_import.jpg
もし、このオタマジャクシ型スリップ痕が「ホント」なら~もし、警察の“言い分”(バスが白バイを跳ねた)が、正しいなら~・・・・・・
コレだけの「黒味」が有るスリップ痕なら~“確実”に幅広の粘着テープ(アセテート紙・ゼラチン紙)で
  
   スリップ痕の“痕跡”が“簡単”に“採取”できます。
                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・~極めて“初歩的”な鑑識活動。~常識以前の問題
~いや、問題にもならない仕事。
~なぜなら、この“痕跡”があれば“裁判にもならない”~だから、必ず採取します。

警察は、オタマジャクシのスリップ痕より、この~粘着テープを「偽造」するべきだった。
   ・・・・・・悪い事をするときは、頭を使え、使うアタマが無かったら、ウソをつくな。ボケ。
      
         ・・・・・・・・・・このオタマジャクシ型スリップ痕は、悪事の「蛇足」だ。
                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありがとう~・・感謝。  愛はウソより深い、クソの愛か?


コノ粘着テープの~オタマジャクシ型スリップ痕を採取した資料は?まだ警察は、提出してない。写真のネガも提出しない。
・・・~そりゃぁ~無いものは出せない。「出したら」~すべて、お仕舞い~だから“奇弁”で押しまくる。

他に無いから “しゃぁ~ない” 「蛇足」で頑張るしかない。・・・~やり抜いたら、クソの中では英雄だ。

このスリップ痕を拡大すると下の写真。よく見てください“アスファルトの表面の~ツブツブ”
この~ツブツブ~のアタマ(先端)はシロ色。そのアタマの↓下↓は黒色。・・・~アンタ~それは逆だろう~

スリップ痕は、タイヤのゴムが路面との摩擦で道路につく。それなら~↑上↑のアタマが黒色で、その↓下↓は、白色だろう。

コレも写真のネガを出したら、即  ウソがバレル     ウソを隠し、論戦に持ち込むのが裁判所。~ウソの土俵だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こんな解りやすい話が、どこにある?

12729302954bdf5ff7bd3df_import.jpg 



当初から、繰り返し使われている…バスの正面からの写真。 「あのときバスは止まっていた」~本の表紙にもなった。
同じ角度から、いくつもある事故現場写真の内に警察官がメジャーをもち撮影した写真がある。↓
コップと現場
コレまで数回投稿した通り、バスの破損具合、塗料の擦過痕、凹損具合~すべて、左上から斜め下へ~
そこに~警察官がメジャーを当てる。~つまり~白バイがバスに突入した“高さと角度”が一目瞭然になる

“自損事故”を的確に撮影した写真である。
~もし~警察の言い分(バスが白バイに衝突した)が正しいなら、写真撮影の主力をバスの↓下↓バスの底↓底辺↓に集中さす。

動いているバスが、白バイを跳ね~そのまま~進行したのであれば~必ずバスの底に痕跡がある。

バスの破損具合も~前から~後~に向けた明確な痕跡が残り~その写真があれば、裁判で“不動の確証”となるのは明白である。

ですから~この様な事故の場合、必要なら“自動車修理工場”などの様な、車の下↓で数人の人が作業できる
平面から~大きく ほれ込んだ“作業所”の上にバスを置き、バスの下から徹底的にバスの底を撮影するのが普通である。

裁判沙汰になるであろうと思われる事故なら、なおさら~微細に撮影するものだ。・・・どこに~その写真がある???

・・・・・・・・・・・・・・そんな所を撮影したら~ウソが即バレルだろう~


だから~ウソの土俵である裁判所で、複数の弁護士を雇い入れて“奇弁”で勝負するしかない。~銭なら、いくらでもある。
マスコミは、報道管制と恫喝で押さえ込めばいい。・・・~残りが正義だ。

     刑務所に入るのは兔(ウサギ)さ~たいした事ではない
                   ~兔が逃げないように、冠で囲ったら“冤罪”の“冤”になるが・・・・・・・・・・
                         ・・・・・・~それは組織愛の結果で仕方がない。すべては“愛”のためだ。
                                               ・・・・・・・・・・・クソの中では、何の問題にもならん。

<現に>
   本年4月以降、高知県四万十市中村警察署の署内会議で
     「高知白バイ事件」の経過として~
            
         この「白バイ事件」が今日に至るまで、~裁判所で争う結果になった「原因として」
                     本件「事故当初」 ~現場で、バスの運転手に対して、あまりに “温情” をかけ
       
                    本来~厳しく・厳格に対処すべき箇所を~相手のために“手を抜いた” ために、そのミスを
                    あとで~“弁護士につけこまれた”  コレが後々まで尾を引き “論争” になった。

         との説明があり
                       「いつ いかなる場合でも、厳格に仕事を遂行しなければ、後に問題を残す・・・」

         と、仕事に対する指導があった。との事である。

 まことに、それ~らしい。対応と指導である。

この「高知白バイ事件」は、現場を知らない警察キャリアの中で画策された“お絵描き”が、現場の お茶汲み坊主 や 太鼓持ち
によって、強要された警察犯罪であり、現場警察官は命令されるまま~映画「私は貝になりたい」のごとく~・・・・・・・

何の意志もなく動いたと思いますが、事 ここに至っては、組織愛という大義の下に“愛”と思われるクソの力が結集し
“愛”にそぐわないモノは、すべて弾き出される事になるでしょう。

黒木さん の様に、警察の組織の外から もの言う 大きな力が無ければ、警察内の改革は不可能です。

視察調査中の警察官諸君。
↓㊦↓のバナーをクリックしなさい。

日記@BlogRanking
blogram投票ボタン

12721669684bd3ba388bafa_import.jpg斬馬


    
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/11/05(金) 15:54:17|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

「高知白バイ事件」~警察がココまでやるか~

                      警察がココまでヤルか

「高知白バイ事件」~・・これまで、繰り返し・繰り返し・見聞き、読んだ事。
バスが白バイと衝突後。2㍍位のスリップ痕を残しながら白バイを引きずり、白バイ隊員は死亡した。

警察の目的は、極めて民主的な建て前の平和的理論。弁舌を継続して、時間の引き延ばしを計り「逃げ」にかかる。
ですから今後も同じ論調が永遠に継続し、決して自分達が悪いとは言わないでしょう。

しかし、一点の事実だけは、どうしても消えない。
弁舌では消えない極めて単純な事実がある。

バスは白バイを引きずってない。バスは動いてない。これまで投稿した写真を見て判断してください。

極め付けが、二回目投稿の下の写真です。
白バイの右側面に痕跡はありません。子供でも何か「有った」から「ウソ」をつくが、高知県警は何もない。キズもない。

とんでも無い所から、大嘘を演出した。しかも税金で雇い入れた弁護士を使い大詐欺師軍団を作り上げて           
 
 
2007年6月7日 判決公判の出来事

     片多裁判官

    主文、被告人を禁固一年四月に処する。

傍聴席では、次の瞬間、信じられない光景が目撃された。
高知県警の幹部が、あるサインを送ったのだ。

右手の人差し指を立てて、「一」。
続けて、指を四本立て「四」。
1年4箇月^^刑務所に入れ~保釈はない~ヤクザと同じ

その手のひらを左手で数回叩いて、拍手の仕草。
(一年四ヵ月、オメデトウ)~おめでとうバスの運転手

(証言した)同僚もそのサインに、にっこりと微笑み返した。

それを見た香代子さんは、頭に血が逆流するのを感じた。

※「あの時、バスは止まっていた」の本より



暗記バカの片田裁判官が
   警察が創作した「塗り」のスリップ痕「オタマジャクシ」は
      偽造写真の見物人の前では「描けない」~と、判断させた。

これで写真のネガを出さなくても実刑確定。

警察がココまで演出するのに、「活字を振り回す」警察側の弁護士2名・他に被告代理人(人数不明)
(この費用は?・・情報公開で明らかにするべき)
国営の詐欺師軍団を構築したヒットラーに、
中世の魔女狩り裁判で培われた暗記バカ裁判官が微笑み返し、禁固刑 1年4箇月。

判決直後、傍聴席の高知県警幹部は手を叩いて喜んだ~このワンカット。永遠に残る名作が完成した。
今後どのように発展した社会になろうとも、この場面だけは永久に残すだけの価値がある。また、ココが出発点だ。






高知白バイ事件=再審請求準備中←ココ
支援する会 HP←ココ


視察調査中の警察官諸君。再審請求準備中だ~・・・喜べ。
来るべき時が来たら、私の手足の指・20本・全部ひろげて拍手しよう。
指が全部ある内にのバナーをWクリックしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRanking blogram投票ボタン


全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬











テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/20(木) 20:43:17|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~全国に輪を~

私が投稿した偽造写真。最後は5月10日です。
こまで説明の通り、私が扱った写真は、全て警察が提出した写真で

裁判や再審請求に向け秘密にするような重要な写真は一枚もありません。
全て、ありのまま。何もかも、目で見たまま。その・まんま。

これを~不正にねじ曲げ、裁判所が門前払いを繰り返し、人一人・刑務所へ放り込んだ「高知白バイ事件」
しかも、この真実を伝える新聞はなかった。~これが、サムライの国・日本です。
自称知識人は、警察・検察・裁判所・発表の活字で書いた掲示板~新聞の記事を鵜呑みにし何の話題にもならない。

江戸時代、お上の御処置を道端の立て札に掲げ、皆の衆が拝聴したのと同じ現象が粛々と進められた。
~「不祥事」~とは、「公」に伝わる事が「不祥事」であり、何をやっても、何があってもマスコミに出なければ「不祥事」ではない。

誰が、何を言おうが、どうでもいい。「公」さえ押さえておけば、なんとでもなる。~定年までガンバレ。組織愛だ。


眼で見る。目で感じる。単なる事実。上と下、上下・二枚の写真。きわめて単純な一コマ。
上の写真は二回目の投稿です。ココまで白バイがバスに突っ込み、もしバスが動いていたら間違いなくバスに巻き込まれます。

~それが、警察は・・・巻き込まず~バスが急停車して「スリップ痕」をつけ~白バイを引きずった。~と言っています。

大重量のバスが、大型オートバイの白バイを引きずりながら急停車した。
つまり、白バイの右側面を引きずった。

下の写真を御覧ください。事故直後、大勢の警察官が白バイを片付けている状況です。
白バイの右側が、良く確認できます。

~どこにキズが、あります??~赤いプラスチック製カバーも~キズさえ~ない・全て無~

~キズが無い。無キズの右側面。~これを~どうやって^引きずった^~|^¥^|

「お上」が引きずった。と言えば^引きずった。
「お上」がスリップ痕がある。と言えば^「塗り」のオタマジャクシでも立派なスリップ痕。

~だから。すべて「お上」が正しいから~刑務所に入れ。
美しい国の立派なサムライは「お上」に逆らわないからサムライなのです。

このような事が、まかり通るなら、コロシだろうが何だろうが~~明日は我が身~何の不思議もない。

電子元年:インターネット網が張り巡らされる様になってから、全国アチコチで不可解な警察犯罪が紹介されるようになりました。
また冤罪事件再審請求も詳しく知られるようになり、今後は新聞をしのぐ勢いになることを期待しています。

元警察官のジャーナリスト黒木昭雄さん が「たった一人の捜査本部」を立ち上げ、
全国に通じる権力犯罪と戦う組織的なネット(まだ、ナイショらしい)を構築中との事です。

是非そのような網の目が欲しいものです。






片岡晴彦さん 再審請求日程の変更~おしらせ~


片岡さん、支援する会、生田弁護士達と相談の結果、24日の再審請求日程が変更となりました。
高知白バイ事件=片岡晴彦 再審請求準備中←ココ


片岡晴彦さん を支援する会HP←ココ




視察調査中の警察官諸君。親分がカラスは白いと言えば、黒いモノでも白くなる。組織愛だ。
しかし、そんな生き方にはムリがある。
早く 下 のバナーをWクリックして;おはらい;をしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRanking blogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/17(月) 11:54:46|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~激写~

                  いい仕事してますねぇ~


現場の警察官は、素晴らしく^いい仕事をしてます^

問答無用
下の写真を左右に動かしながら注視してください。(警察の主張はバスが白バイを引きずった)

何の説明も必要ないから・・・完璧な証拠です。
女を口説くわけではない。長々~長々~うまい・お上手な・お話を~するのは、何か下心があるからです。

上の写真に、何の説明も不要です。現場の警察官は事実を完璧に保存しています。~よくやっています。

まず写真の破損箇所全体を左右に動かしながら観察してください。
警察官が当てたメジャーの1mの箇所までバスの破損箇所があります。

つまり、破損箇所に白バイのほとんどが、斜めにスッポリ入ります。(白バイ・後尾は、入らない)

どの様に~入った?・・・左から右へ~痕跡の流れの通りに、一度で入った。その後は動いてない。

もし、バスが白バイを引きずっていたら~写真の左下・バスのバンバー後部(バスの右下端)は後方に曲がっている。

見てください、その箇所は「前」向きに曲がっている。逆だ。

なんの、説明が必要ですか?~まったく必要ない。

前向きに曲がった金属についた痕跡は、全てバスの前方に流れている。その左に何か「フタ」が開いています。

「フタ」は前側に開いている。つまり~低い方向に開いた。~どちらが低い~前だ~
後ろから~前へ衝撃があり~「フタ」は「前」へ開き。「フタ」に、損壊箇所はない。

つまり、衝撃の後は、外部から破壊的な力は加わってない。だから、開いたままだ。

そして、バスの「下」を見てください。バスが白バイを;引きずった;なら。
このバスの「下」に無数の白バイの破片があるはず。ありますか??・?

それ以前に転倒した白バイの「下」つまり~白バイの右側は~何の破損箇所もない~壊れてない。
壊れてないものを~どうやって~引きずるのか?マンガを書くなら、もっと頭を使えポチのボケ!

この状態で裁判(言葉のゲーム)に「勝とう」とするなら、どうしても「スリップ痕」が必要。

現実には無いスリップ痕は「描いた」「お絵かき」で、できたが「暗記バカ」の裁判官をだますには、どうしても偽造写真が必要です。

ついでに「チョーク」で書いた「擦過痕」~合わせて一本。
こうして「芸術的バカ」→カタタヤスシ判決文「スリップ痕」があるから警察の主張が正しい。が、生まれた。

ですから「警察の証拠写真」はネガが無い場合は「証拠能力は認められない」

この様な「幽霊写真」で人一人、刑務所に送れるのなら~殺人だろうが何だろうが何でもできます。


高知白バイ事件=片岡晴彦 再審請求準備中←恐怖の偽造写真




視察調査に来た警察官諸君。幽霊もネガには写る。ネガで真実を証明してくれ。
ネガを出さない警察官諸君。
下のバナーをWクリックして;おはらい;をしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRanking blogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

                                              お願い

再審請求を5月24日に高知地裁に提出予定です。そのときに同時に再審開始を求める署名を提出いたします。

署名はネットや携帯電話(ソフトバンクは除く)からも可能です。また、署名用紙をダウンロードすることも可能です。皆様のご協力をお願いします。

  ネット署名締め切りは5/20です

  街頭署名締め切りは5/23午前中です

   署名方法 → 支援する会HP片岡晴彦さん を支援する会HP

  皆様のご協力を切におねがいします

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/10(月) 16:10:35|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~爆笑~

                      爆笑~吉本新喜劇

~偽造写真
~「塗り」の「スリップ痕」
~「チョーク」で書いた「擦過痕」

「高知白バイ事件」の~偽造シリーズも 1作~5作~と続きまして世間では口の悪い人が警察のことを
   「日本最大の暴力団」なんて~ホントのことを言っていますが

私は、そうは思わない。
~なぜ??????・・・→ヤクザなら~もっと頭使う。

私のブログ「悪魔と踊ろう」の犯人様もそうですが「コネで警察に捕まらない」~高貴な御方は
頭を使わないで悪いことをする習性があります。~「ワシは捕まらん」;捕まる;を権力のコネで打ち消す神技です。

コネで捕まらない人は努力する必要がないから常に「捕まらない」を前提に動くものです。
ですから、この手法を真正面から見れば怒濤の「怒り」ですが、逆に後ろから見ると「笑い」の渦が重なった「爆笑」でしかない。

吉本新喜劇でもココまではできない。


下の写真は前回・前々回出した事故直後に撮影したバスの写真です。今回3回目になりますし
大きな写真を使うとブログの動きがおかしいので、節約して小さく出しました。

そして下の写真は上の衝突部位を再度確認する為、警察官が撮影し裁判所に提出したものです。
よく御覧ください。「高知白バイ事件」は「バスが動いてない」事を警察官が撮影しています。

写真の左側・上・角に押印している「印象」を見てください「割り印」です。「筒井」の印です。
この警察官の名前は「筒井」です。

まず、前回・前々回と同じく、
 全ての痕跡は、同一方向から同一方向へ、同じ角度で、全て並行に、斜め下に流れている。

上の条件に反する動きがある痕跡は皆無(まったく存在しない)

次に写真中央~バスのバンバー凹損部を御覧ください。バンバーの金属がタック(二重)に成るような形で

凹型になり、その下が黒くなっている箇所があります。黒は白バイのタイヤ痕で、その上がタックになっている。
ココが衝撃の中心でしょう。

そう思うから~警察官が、メジャーを添え転倒した白バイの高さと・バスの損壊の高さ~を~同時に確認(高さ)できる様に写真撮影した。

ムダのない撮影です。よくできています。
せっかくですから凹箇所に注視してください。バスの塗料は全て痕跡の通りに「斜め下」方向に剥がれています。

剥がれているバスの塗料を指で軽く擦ると、塗料は簡単に「剥がれます」~極めてデリケート。
だからこそ~警察官は、素早く写真撮影し、現場の状況を正確に保存した。全てを物語る一枚の「事実」

もし、バスが動いていたなら「指」で擦っても剥がれる「塗料が」簡単に「後ろ」側・方向へ「剥がれ」ている。
~どこに?~その痕跡が~ある。~・・それで~スリップ痕を「描いた」・「お絵かき」じゃぁ~
このスリップ痕を「カタタヤスシ判決文」→「スリップ痕があるから警察の主張が正しい」と判断した。
こんな事なら「殺人」でも簡単に「犯人」にされる。
     これが吉本新喜劇にもできない「爆笑」でなくて、一体なんだ
現場の警察官が「この事故は~白バイがバスに突っ込んで~その後は~動いてない」と、正確な写真撮影をした後で

~「塗り」の「スリップ痕」~「チョーク」で書いた「擦過痕」を「偽造写真」でごまかし「裁判所」が「門前払い」したのが「高知白バイ事件」だ。

こんな演出が吉本新喜劇にできますか?~これを映画にする「高橋 玄」監督は、すでに先を見ているだろう。~これは「いける」と、

~生きちょる人間は、ウソをつくが、死体と現場は、ウソをつかん~


警察の目的は当初から「論戦」だろう。「スリップ痕があるから~バスは動いていた」弁論カタタヤスシ判決文←「暗記バカはココ」・・・と活字の勝負に誘い込み、
長々と時間を浪費させ要人が危険区域から離れるのを待つ。言葉は色んな使い方があり、裁判は言葉のゲーム。。。新聞は警察の掲示板。

弁護士費用は「税金」だ。いくら長引いても自分の腹は痛まない。~これからの手法も同じだ。
         口は弁護士~。
             心は詐欺師~。
                 ~歩く姿はボケの花。


マぁ~今からも同じ戦略・戦術を御大層に大上段に振りかざして構えるだろうが
それなら~一枚の写真、一つの事実を~それぞれ最も解りやすいように「否定」か「肯定」

どちらかを選んで納得のいく説明をすることだ。
今までのように、先に「スリップ痕」を持ち出し、その後での論戦は、ただのマンガ。爆笑の渦

それならそれで、あとの映画がおもしろい。



高知白バイ事件=片岡晴彦 再審請求準備中←恐怖の偽造写真・爆笑と恐怖は隣り合わせ!!
    (これなら=コロシも簡単)



視察調査中の警察官諸君。事実は一つしかない。二つはない。
はやくのバナーをWクリックして、;おはらい;をしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRanking blogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

                            お願い

再審請求を5月24日に高知地裁に提出予定です。そのときに同時に再審開始を求める署名を提出いたします。

署名はネットや携帯電話(ソフトバンクは除く)からも可能です。また、署名用紙をダウンロードすることも可能です。皆様のご協力をお願いします。

  ネット署名締め切りは5/20です

  街頭署名締め切りは5/23午前中です

   署名方法 → 支援する会HP→こちら・お願い!

  皆様のご協力を切におねがいします


  


テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/10(月) 16:01:40|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~勝負はこれから~

「高知白バイ事件」の偽造写真1~偽造現場5・まで~写真入りの投稿を済ませた後
・・・~これで刑務所に入ったバスの運転手「片岡さん」は~怒りどころではないだろう~と

私の20年前「悪魔と踊ろう」で警察組織内を飛ばされた感情が再燃してきた。

警察では矛盾と書いて・・・・・「常識」
    理不尽と書いて・・・・「当たり前」

    人情と書いて・・・・・「わしゃぁ~知らん」

と読む。

北朝鮮日本支部の言語である。何事も通訳なしには通じない。


歴史上重大な事件・事柄などには、よく「一枚の写真」と、報道される場合がある。
「一枚」で全てが解り、なおかつその一枚から無限の思いが発せられる場合があり、

100枚より一枚が勝る写真が「高知白バイ事件」・・・あの時バスは止まっていた・・の本表紙。
その・一枚の写真が語りかける無限大のストーリーがこれから始まる。

「高知白バイ事件」の当初、片岡さん御夫妻は、二人でどの様な会話をされたのか、
逆に同時期・警察本部でどの様な画策がなされたのか?同時に描けば事件以上のドラマになる。

『ホチの告白』の映画監督 高橋 玄 さん  のコメント高橋 玄 監督の公式ブログ

         私の映画『ポチの告白』も国外でのほうが実質的に評価され

         プロデューサーとしての肩書きだけに反応して、
                  シナリオを送ってくる外国人作家までいる。

         現在、私はフランスの映画プロデューサーから
                        次回作の企画を打診されている。

                     内容は言えないが、たぶん、彼らと組むだろう。


         「高知白バイ事件」も、某国で映画化企画を進めることにした。


この事件は、ますます大きく燃え上がるでしょう。

電子元年インターネットで拡散された情報源が勝つか、警察の掲示板(新聞)が勝つか、
天下分け目の戦いが始まります。

関ヶ原の最新兵器は、先込め式の火縄銃。今の関ヶ原は電子銃。映像は新聞以上に大きく
キレイで瞬時に配信します。

目で勝負しましょう。

「高知白バイ事件」~この事件を知った人は何を見たか?~裁判所の判決文・
検察の「この事故に偽造の証拠はない」との、

活字の発表。
これを警察の掲示板(新聞)が報道したのを自称文化人が、ありがたく読み取ったにすぎない。

読むとは「活字」である。

「お上」が詐欺をするわけがない・ウソはつかない・だから~新聞は正しい。
戦争中の「大本営発表」と同じです。

人の行いを目で見ることは容易である。
          口で伝えるのは第三者から確認を取る必要があるが、
文章で知るには,己が見るまでは信じるべきではない。

まず目だ。次に説明文章で詳細を知り、結果的に判断する。これが受験戦争で鍛え上げられた「暗記バカ」にはない。

この暗記バカに「金」をくっつけたら、これほどコントロールしやすい国は他にはない。


くどいようですが、もう一度同じ写真。
事故現場で白バイを撤去した後~バスの破損状況が写った写真を出します。


全ての痕跡が同一角度で、同一方向から、同一方向に流れている。
これほど解りやすい痕跡は、見たことがない。

           これ以上の言葉は相手が警察官なら必要ない。

この写真を見た全国の警察官の内で「このバスが動いていた」と思う(断言でなくてもいい)人は連絡してほしい。

先日投稿の通り、バスが動いていたなら後ろ側に痕跡が流れるはず。~どこに?何があるか?
「早く言え」早く言ってから後で説明しろ。警察官は現場でメシを食ってるはずだ。

目と足・五感で喋ろ、頭で喋るな。政治家じゃぁ~ない。

現場の血液一滴・髪の毛一本が重要な極点になる現場で培われてきた警察官が、
バスの衝突箇所に累々と残る平行に走った痕跡を見た瞬間。何を考えた?

全員が押し黙ったはずだ。黙して語らず。ただ黙々と動いたのみ~そうだろう?
総勢数十名の警察官が現場で動いていた。

当初、報道され、また当時のブログから「異常な数の警察官が~他の事故ならこれほどの数は集まらない」
と言われてきた。

なぜ?これほど集まった?私は野次馬風の警察官が多数いたと思う?~・・なぜ?

~数が多すぎる。
それぞれの警察官は、無言の内に白バイ隊員の処分について、哀れみを感じていた人もいたと思う。

が、次の段階に入り突如・偽造命令が天空よりクモの糸にぶら下がって降りてきた。
抜群のタイミングで発せられた工作が雪崩れの様に現場をかき消し摩天楼を建立した。

~あの出来の悪い偽造写真が全てを物語っている。

~「塗り」の「スリップ痕」

~「チョーク」で書いた「擦過痕」

悪い事をする時は頭を使え、使う頭がなかったら、ウソをつくな。
この事件の指揮命令を取ったのは特権階級「キャリヤ組」以外に考えられない。

己の命令だけが「唯一絶対」と考える「暗記バカ」が、現場のカラスに伝達して警察官が強制的に動かされた。

警察官を動かすものは「上」からの恐喝と恫喝だ。



「高知白バイ事件」=片岡晴彦 再審請求準備中

 
 再審請求を5月20日~24日に高知地裁に提出予定です。そのときに同時に再審開始を求める署名を提出いたします。


 署名はネットや携帯電話(ソフトバンクは除く)からも可能です。また、署名用紙をダウンロードすることも可能です。皆様のご協力をお願いします。




視察調査中の警察官諸君。君達の辛さはよくわかるが、
心まで鬼畜にくれてやる必要はない。
のバナーをWクリックしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
「悪魔と踊ろう」king.com/cgi-bin/in/zanba36/" target="_blank">日記@BlogRankingblogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/09(日) 09:12:53|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~現場偽造~

                                 ~土佐の天狗の皮~
            ・・・~生きちょる人間はウソをつくが、
                                      死体と現場はウソをつかん~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FC2 Blog Ranking   



コレは偽造写真ではありません。警察が提出した現場写真です。私が一番先に見た「高知白バイ事件」は下の写真一枚。
コレだけでも自損事故。つまり、白バイが停車中のバスに突っ込んだ。

当初~まさか冤罪事件・・警察犯罪に発展するとは夢にも思わず~すぐ忘れました。   

 下の写真を見てください、白バイがバスの右前角に・めり込んでます。この状態でバスが動いていたら
バスが白バイを間違いなく、巻き込みます。白バイの運転手はミンチです。棺に入れるのも大変でしょう。

私は棺にも入らない遺体を何度か処理したことがある。仏さんをウソで利用するヤツは人間じゃない。鬼畜にもおとる。

この事件で、人は死亡した白バイ隊員・バスの運転手のどちらかに、または両方に憐憫の情を感じていますが

死体を数多く取り扱った私としては、死んで仏さんになったものを更にウソで固め立身出世のため利用しようと画策している
魑魅魍魎は絶対に許せない。



上と下の写真を交互に見てください。これでバスが動いていたら間違いなく白バイを巻き込みます。
巻き込んだ場合、バスの下にも事故でできた破片が多数落ちる結果になります。
ですからバスの下の写真。~その写真が間違いない証明の写真のネガを提出すれば警察の主張は通ります。
しかしウソなら何も提出しません。たぶんネガは出さない。~つまり・ウソだ!!!

更に下の写真、バスの前・白バイの前に散乱してる白バイの部品は、全て白バイの左側の破損された部品です。

つまり、衝突した白バイを飛び越えて飛び散り散乱した?さらに~白バイの前に本が二冊キチンと重なって置かれています。
こんな馬鹿な現場は、見たことも聞いたこともない~ウソ八百・だからネガを出さない。出せない。



白バイを撤去して撮影したバスの痕跡。全ての痕跡が斜め上から「下」へ~痕跡のそれぞれは、全て並行です。
バンバー・ボデー・方向指示器付近・等々・・全ての痕跡が並行に斜め「下」に走っている。

つまり、一回の衝撃しかない。二回目の衝撃は存在しない。これほど単純な痕跡はめずらしい。だからネガを出さない。
滅多に見れないぐらい単純明快な痕跡の下側に御注目。

もしバスが動いているなら、この下側が後方に折れ曲がるか、あるいは後方に擦過痕があるはずだ~~どこにある。

何もない~きれいさっぱり~何もない。ネガを出したら即バレル。



下は、事故の白バイを撤去するために動かした直後の写真です。白バイの右側が確認できます。
何のキズもありません。赤色灯(赤色ランプ)も無傷です。つまりバスの前方に飛び散った部品は白バイの左側のみ

左側から白バイを飛び越え?飛び散った??忍法・分身の術

そして、もう一つ・コレだけの事故で白バイ右側が無傷に近い状態とは?
衝突後にバスに引きずられたら~右側にかなりの擦過痕・破損した痕跡があるはず、

また、路面に擦過痕があるなら~最も破損するであろう~右ステップが大破損するはずだが
御覧の通り何の変化もない。~まったく何もない。路面の擦過痕は白いチョーク。



白バイ撤去後の左側の状況。

左側全面が大破損。バスのバンバーの曲がり具合・白バイの左側の破損状況から~
~・・警察発表の「時速60㎞での衝突」は~まず、あり得んと思います。

また、白バイ左右の破損状況を比較するに、あまりに左側の破損が大きく、右側は軽微である。
このことから~衝突の瞬間・白バイはバスに弾かれてはいない、

むしろ逆に・~適当な表現ではないが~バスにくい込むがごとく突入し、
動きがゼロに近い状態で右側に転倒したと推測される。超・高速



偽造写真(心霊写真)・「塗り」のスリップ痕(オタマジャクシ)・チョークの「擦過痕」そして現場偽造。
最初から~最後まで・・ー・・まともなモノは何一つない。全ては一つ警察が写真のネガを提出すれば、全てが終わる。
だからこそ裁判所はネガを出せとは言わず
新聞社もネガを話題にもしない
ネガを出す前に全てを終わらせたい
これもネガを守るために
警察犯罪をウヤムヤにするためにはネガを死守するだろう。


しかし、それにしても不自然である。~警察がまともでないことは以前から解っているが、

普通~隠ぺい・偽造・証拠隠滅なんて事は

何か、ホントがあった後に、あるモノだ。が、「高知白バイ事件」の場合。
最初から~最後まで隠ぺい・偽造の連発である。

連発というより、それしかない。まともな事が何一つない。まるで鹿児島県の志布志事件。
なんか~おかしい。わかりきった白バイの自損事件を180度ひっくり返す~その理由は~

最も単純な理由は、これまでの写真全部。~他にもいくらでもありますが、どうみても・イクラ見ても~結果は同じ。
誰が^どう見ても白バイの単独自損事故。これはイヤミで言うわけではありませんが

バスの運転手「片岡さん」が無罪だ。と、一番・確信しているのは警察官です。
イヤミでは、ありません。

ただ、その~あとです。
「誰」から~警察官が命令されたか?~答えは明白ですが~永遠の謎でしょう。

明らかな単独自損死亡事故だからこそ~最初から~最後まで~偽造が必要だ。
これが現場の警察官に課せられた重圧。超圧力。・・・~(そんならナヤシを考えんかボケが)



二つ目の理由~・・・・・ 仮説;事始め・・・・・・・・・・・・・
       

 今から20~25年位前、非番の若い警察官が彼女とドライブ中に、追い越し禁止区間で対向車線にはみ出し、
県交通路線バスと正面衝突。若い警察官と彼女は死亡した。スリップ痕は、まったく・なかった。

一方的な過失。対向車線にはみ出した警察官の過失である。
昼頃の事故だったが、通夜が始まる前(遺族が来る前)に知り合いの医者が来て検視を行った。

いくら何でも検視とは~と思っていると~長い注射針を出して死体から心臓血を抜き取った。
つまり~飲酒・薬物の検査である。

若い警察官が非番の寝不足な日~デート中に事故死。

これだけで、ショッキングな出来事だったが、この死体から心臓血を抜き取る~
ここまでやる人間に得体が知れない思いを感じた。

非番の警察官の事故死と心臓血。~職務中の白バイ隊員なら~当然でしょう。

この検死結果~とても容認できる結果ではなかった。~のでは?ないのか?

なぜ?そう思う~

「高知白バイ事件」~交通部長の発言
               「白バイ隊員は時速60kmで走行中。バスが飛び出して~」

この発言。

アホは一番隠したい事を一番最初に言いたがる。

「時速60km」これでなかったら困る。それほど~白バイ隊員の検視結果は~何か、あったのか?

それなら~バス・飛び出し、~しかない~そんなら「スリップ痕」が必要~

「スリップ痕」を守るためには~擦過痕~偽造写真~証拠隠滅~全部やった。^~あとは~

裁判所とマスコミ~さいならぁ~・・・・・・・・・・・・

これなら、最初に「結論」~「時速60km」がある。あとは~なせばなる。なるように^なる^ワシの定年までがんばれ!!
ネガさえ隠せば永遠に不滅です。

警察官の不祥事・何かあるごとにマスコミで報道される第一声は「身内をかばう^かくす^工作^を^組織的に行った」~
「身内をかばう」組織的な隠ぺい工作~と報道される。「高知白バイ事件」も例外では無かった。

「身内をかばう」とは日本人には受けます。なにかホノボノとした感情で~やがて警察全体に批判の目が向けられる。
~・・・そうなる様に仕組んでいる。

ホントにかばっているのは「一部特権階級のエリート組」だ。「隠ぺい工作」で、どうして現場の警察官をかばってくれる。
~かばう~わけがない。・・・ウソの八百ばやし。

「特権階級」をかばうために「隠ぺい」があり「画策」があり、補強の演出がある。
誰かが~その場所から離れる時間稼ぎだ。そのためには、何でも隠す。何でもヤル。

これが「組織防衛」たる「美しい」「組織愛」「愛」である。
このためには何がどうでも、どの様に理不尽であっても痕本の元ネガを死守する。

これは「犯罪」ではない「愛」である。組織「愛」






視察調査中の警察官諸君。君達は、いくらなんでも魑魅魍魎にはなるな。
はやく;おはらい;をしなさい。
下のバナーをWクリックするだけでいい。
高知県の警察官に叫びの文化を!

日記@BlogRanking blogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

































































































            




























































































































テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/05(水) 13:26:10|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~偽造写真~4

               ~土佐の天狗の皮~
         



今日は擦過痕です。スリップ痕(オタマジャクシ)は偽造(塗り絵)ですが、擦過痕については
さらに呆れる話ですが、元々痕跡がありません。まずは、じっくり見てください。

下の写真はバスが白バイに衝突して、そのまま引きずられた~と言う。
~警察の主張を立証するため~警察が捏造した痕跡です。

「謎のスリップ痕」に合うように全てが創られていますが、何もかもチグハグと言いましょうか
マンガみたいなもので、もう少し頭つかえ・と言いたいのが事実です。~ウソをつく時は頭を使うものです。

最初に断っておきますが軽四自動車が自転車を跳ねそのまま引きずった場合でも擦過痕が路面に付きます。
状態により痕跡の付き方は異なりますがコンクリートの路面を彫り込む事もあります。

まして大型の白バイを大重量のバスが引きずったら大変な擦過痕が付くことはまちがい有りませんが、
「高知白バイ事件」では警察官が書いたチョークの白い跡しか有りませんので、なにも語らず~そのまま見て頂いた方がいいと思います。

よく御覧ください。最高に大きくした写真です。
路面に白い痕跡・お絵かきをしたようですが~どこに~擦過痕があります?

全部~チョークです。どこに擦過した痕跡がありますか???????????????? 
警察の主張が正しいなら~バスが白バイを跳ね~そのままスリップ痕(オタマジャクシ)と平行に~白バイを引きずる~と・結果的には・・・・・・・

バスの重量+白バイの重量+バスの速度=人間がこの間に存在すればミンチになる。
                          =路面にはノミで彫った様な深い擦過痕がつくはずです。


白い痕跡が警察が言う擦過痕ですが~路面の~どこに?~キズが~あります???全部チョークです。
次に・チョークの形→直線と曲線(半円)が混ざって書かれている事に注目しながら下の写真に進んでください。

直線と直線の間に曲線(ねじる痕跡)がありますが、直線は→まっすぐ引きずる。曲線は→回転した痕跡です。
直線は「まっすぐ」~その「まっすぐ」に囲まれた~真ん中が~どうして回転するのか??アホヵ~もう少し頭つかェ~ボケぇ~

特に、上の写真で右上の箇所、直線と曲線が交差している。つまり、「まっすぐ動く」「回転する」二つの異なる動きが同時に発生し~
~しかも~異なる動きが同時に~交差した~・・こうなればマンガだ。



さらに、キズがないチョークの擦過痕で、曲線の角度に注目していただきたい。
曲線とは物体が回転してできた痕跡です。まず、頭の中で「小さな箱」が回転するのを想像して~・・・

・・~箱を回転させたら~一点が中心になって回転するはずです。~次に、箱を動かしながら回転させてください~・・・

直線に動く箱が回転すれば~円の中心が横に動きながら~やや楕円形の円を描く~が、やはり中心点は存在します。

この感覚で写真を見てください。曲線がいくつもありますが~その・それぞれの曲線の中心点を取ってください~とれますか?~とれません。
中心点はそれぞれ異なります。バラバラです。それぞれの曲線に、それぞれの中心点があります。

つまり、このチョークでお絵かきした自称・擦過痕が本物なら「白バイ」はバラバラに分解しながら回転し痕跡を残したわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・~吉本新喜劇でもココまではやらない。

ウソをつく時は頭を使え、使う頭がなかったら、ウソをつくな。・・・~それも~時と場合~下の写真はありがたい。
アホがウソの真上から~ありがたい写真を撮ってくれました。

「塗り」のスリップ痕の横に、彫れ込みのない「チョーク」の擦過痕。まるで・へのへのもへじ・|^¥^|
これを~真上から撮影・・・・・いい仕事、してますねぇ~~・・・・・・!!!
これ~・・「高知白バイ事件」のマスコットにして~Tシャツでも造ったら資金ができるかも
・・・しかし・・・著作権じゃなしに・・・特許と言うか~デザインの権利は高知県警??ホントかい???・・・・・・



さらに拡大。
溝がない「塗り」のスリップ痕(オタマジャクシ)・チョークだけの擦過痕。白い粉がめり込んでいます。
・・・・世紀の芸術的バカ・・・土佐のピカソ・・・ここにあり・・・海外に出したら売れる・・・



だめ押しの一品。
するどく曲がった彫れ込みのないチョーク式・擦過痕。

これがホントなら白バイ隊員は、10m以上 フッ飛んでいる。飛んでない死体は挫滅した打撲のはずだ。
高知県警は死亡した白バイ隊員に対して恥ずかしいとは思わないのか?死者をこれほど愚弄して何とも思わないのか?お前ら人間か?

ここまで「上」のために己の人間性を抹消することができるヤツは、鬼畜以外にない。



「塗り」のスリップ痕は、音を出さずに「お絵かき」できますが、擦過痕を創作するためには、石ノミと金槌が必要です。
警察官が野次馬の皆さんの前で、石ノミと金槌を持ってコンコンやるわけにはイカンでしょう。

ですから、チョークだけで強制的に押しつけた。

これからは~電気ドリルか電動式削岩機を裏金で購入すると思いますから少し待ってください。

「塗り」のスリップ痕(オタマジャクシ)も・本来、バスの後輪に前輪より長いスリップ痕ができるはずですが、
後輪には野次馬と報道関係者の目があり、前輪にしか「お絵かき」ができなかった。まことに幼稚な偽造工作です。

ネガを出せば即バレル・スリップ痕を守るためチョークの擦過痕・偽造写真・ありとあらゆるウソを駆使してネガを守る高知県警を
裁判所と新聞社は擁護しています。裁判所が正義の審判を下す場所ならネガを提出させればいい。

「門前払い」の裁判所や「警察の掲示板」と化した新聞社に存在する価値はありません。全国のブロガーは今こそ真価を発揮する時です。




視察調査中の警察官諸君。心を鬼畜にしてまで「上」を恐れる必要はない。
のバナーをWクリックしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRanking blogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

斬馬


















































































































































テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/04(火) 06:33:29|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~偽造写真~3

                 ~土佐の天狗の皮~
                    


大きな写真を使うと一回に投稿するのが困難になります。今日は問題のスリップ痕(オタマジャクシ)ですので写真が多く、ギリギリの投稿です。
要点だけを投稿させてもらいます。

オタマジャクシ(スリップ痕)は生長して?育った?ものです。最初と最後~時間の経過で変化しているのです。

摩訶不思議なスリップ痕?まず、その成長過程を御覧ください。
下の写真はオタマジャクシが生長する前の状態です。

先端を御覧ください。まだ~黒い玉になってないでしょう。(この写真は警察が裁判所に提出したものです。前回・前々回と同じ)



まだ~先端が黒い玉になってない?つまり~まだ~乾いてない時?うっかり?撮影したのでしょうか?・・・→~現場は大変です。

(推定;白バイ事故現場の状況)↓↓
         
               「アホか?乾いてから撮せボケェ・・~スリップ痕になってから撮すんじゃぁ~まっこと^糞ボケ^がぁ~
                       ~けんど・・ちょっと薄いけん・もう一回先端だけ塗れ~
                見つからん様にやれぇ」~「こりゃぁ^糞ボケ^そっちは人が見よる反対向いてヤレ、一人・前に立って隠せ糞ボケがぁ^」

極秘の作業が粛々と~その結果立派なスリップ痕に育ちました。



 下の写真が~そのオタマジャクシが生長しスリップ痕になった姿です。~上と下の写真は同じ箇所の写真ですが、全く異質の姿です。

これが「偽造」でなくて、いったいなんですか???
ちなみに本物のスリップ痕を右側の小さな写真でだします。
この写真は事件には無関係の一般道路で撮影しました。写真が小さくてもタイヤ痕の溝は確認できると思います。両方を比較しながら見てください。

下の写真は、オタマジャクシが生長してスリップ痕になった写真で、先端だけが異様に黒い、しかもタイヤの溝はありません。のっぺらぼぅ~。
・・・・・・・・・・・・・・どこがスリップ痕じゃ



次は影です。一番上の写真を、もう一度見てください斜めに影が走っています。これは建物の影です。

二番目のオタマジャクシが生長した写真を見てください。影がありません。左右両方のオタマジャクシが影の中に入ってます。

つまり日時計の影が回る数時間後に再度スリップ痕(オタマジャクシ)を撮影したわけです。警察は雨の日でなくてホットしたことでしょう。

ちなみに、一般道路で撮した、この事件とは無関係の本物のスリップ痕を右側の小さな写真に出しました比較してください。
小さな写真でもタイヤの溝が確認でき、また色も「オタマジャクシ色」ではないことが、わかると思います。オタマジャクシは明らかに「塗り」です。

下の写真はオタマジャクシの左側先端です。なにか~お正月の「書き初め」を連想するのは~私だけでしょうか???

筆にタップリ墨を付け紙の上にソッと置き字を書く~あの「書き初め」です。右上の「本物」のスリップ痕と比較してください。

なにか~先端が丸みを帯びています。タイヤを連想してください。スリップ痕の最先端は直線であってしかるべき。丸みのあるスリップ痕は存在シナイのが普通です。

もしこのネガを電子顕微鏡で見ることができたら、多分ハケの毛の跡が確認できるでしょう。ですから警察は絶対にネガはだしません。




下の写真はオタマジャクシを真上から撮影したもの。警察は「足痕跡」(足あと)や「タイヤ痕」を解りやすいように真上から撮影します。私もやりました。
しかし、オタマジャクシの場合はヤラナイ方が良かった。すぐバレルよ!!!アホかぁ~吉本新喜劇や~・・・・・・・・・・・・・・(土佐弁は使えない)

なんの説明も不要でしょうが、よく御覧ください。まず~タイヤの溝がない。
次に道路のゴツゴツした表面に注目し、ゴツゴツを小石として、その小石の下・小石の下周辺を見てください。

当たり前~通りに注視すれば、タイヤ痕は小石の一番高い部分を擦り、摩擦でタイヤ痕ができます。しかし~見てください。上より下が濃い。

道路のブツブツを「小石」と、表現させてもらいます。小石の頭は白~下と下周辺は黒。これは逆でしょう。

つまり何かの液体が地球の引力で上から下に流れ下が濃くなった証跡だ。(血液がこの様に固まり、どちらから~飛んできたのか^路面でも判断できます)



上の路面を拡大したのが下の写真です。さらに鮮明に判断できます。
路面のブツブツの一番高い頂点に付くはずのスリップ痕が、頂点にはタイヤの摩擦はなく一番低い箇所が最も黒い。

しかも、アスファルトの路面なら~バスの重量で摩擦すれば、少しは路面のゴツゴツが変形してもおかしくないが~これが~全くない。

写真のネガがあれば完璧に証明できる。何の論議も必要ない。瞬時に証明できます。ですから警察はネガを出さないのです。

即座に判断できるネガ警察は絶対にださん。裁判所は「門前払い」新聞は知らん顔。出すのは警察発表だけ。
これで人一人~刑務所へ~放り込んだ~こんな事がまかり通るならコロシであろうが、なんであろうが~何でもできる。

明日は我が身~高知県に来て警察関係者を見たら10m以内には近づかないのが安全だ。



 ~生きた人間はウソをつくが、死体と現場はウソをつかん~~これは鑑識の鉄則だ。
    ~現場100回~100じゃろうが200じゃろうが、現場に張り付いた眼玉から見たら~

生きちょる人間の口は屁じゃ

屁の口で出世ばかり考え、人を人とも思わず、己の都合で刑務所に放り込む・糞役人は「国賊」である。







視察調査に来た警察官諸君。屁のようなウソをつくな。
ウソをつく時は頭を使え、使う頭がなかったら、ウソをつくな。
悪い と思ったらのバナーをWクリックしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
blogram投票ボタン6/">日記@BlogRanking
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬




































































テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/03(月) 13:22:13|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~偽造写真~2

                ~土佐の天狗の皮~
         

下の写真は、昨日投稿した偽造写真です。
問題のスリップ痕(オタマジャクシ)の前を二台の車が通過中。

一台目がグレーの車、二台目は黒色です。手前で警察官が交通整理。後ろに昨日投稿の心霊写真3人組が立っています。

同じ場面の写真。警察官は車を通しています。二台の車が通過するのは、わずか数秒でしょう。よく御覧ください。

グレーの車の後ろにいた3人の人が、下の写真では消えています。時間的には数秒の間に消えた。
人間ワザではない。神ワザか?幽霊か?吉本興業の撮影か?ココまでくると怒りを通り越し「笑い」です。恐怖のピエロ!

車の運転手は横向きで、顔の全面を右側に、これでは車の正面は見えない。首はありますか?・・多分・ろくろっ首が運転中。

警察官の左腕は、二枚の写真を比較すると寸分のくるいも無く、まっすぐに伸びていますが、
右腕の曲がり方は、違います。その曲がり方に~御注目~

下の写真は、右腕が肩の下から曲がっている。この警察官は、肩のすぐ下に腕の関節があるのでしょうか?
しかし、上の写真の右腕の関節は・・・~いかがでしょう。後は皆さんに おまかせします。

それでは、中央にあるスリップ痕(オタマジャクシ)は、いったい何者だ???
この偽造写真の目的は、スリップ痕が「本物」である事を証明するために創られたものです。(昨日・投稿)

それなら、偽造写真であることが明白な写真の中央部にあるスリップ痕は何者でしょう????

普通~ココまでくれば家宅捜索を強制的に執行できる法的な措置をとり、写真のネガを押収するのが常識ですが、
相手が警察で裁判所と組んでいるからなにもできない。国家的な犯罪組織は裁判所を利用しながら逃げにかかります。

警察はネガを提出しない。裁判所は「門前払い」新聞社は知らん顔~結局・人一人~刑務所へ~
これで「国賊」はメデタシ・メデタシ~

 偽造と偽造のド真ん中。ウソとウソの真ん中で生まれたオタマジャクシは~やがてスリップ痕として育っていく。

第二次世界大戦後期…敗戦が濃厚になったトイツのアドルフ・ヒットラーは、焦土と化した国土を国民に隠すため
建物のセットを組み堂々たる演説を映像に撮して新聞に載せた。~まったく同じ現象が土佐の高知でおきた。

オタマジャクシを担ぎ上げたヒットラー親衛隊が武力で全てを統率しながらスリップ痕を育成し、これに逆らうヤツは
ことごとく駆逐する。~これに賛同するものは、ことごとくヒットラーの庇護の元で出世する。

馬鹿の語源→「鹿」を重臣の前に引き出し「これは馬じゃ」と言う。「馬じゃない、鹿だ」と、ホントの事を言えば、ことごとく抹殺され
鹿を「これは、見事な馬です」と、従順に従えば出世した。中国…大帝国・秦は滅亡した。

あのオタマジャクシを「みごとなスリップ痕」と抜かす糞・役人。おまえ達は国賊だ。



視察調査中の警察官諸君。「鹿」を「馬」と教えたのは君達の親か?それとも組織か?それで墓に入れるか?
悪いことは言わん、早く:おはらい:をしなさい。ゴリラの:おはらい:は良くきく
即効性のある:おはらい:はのバナーをWクリック。二つクリックしないと:ごりやく:がない。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRankingblogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/01(土) 17:46:37|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高知白バイ事件」~偽造写真~1

                   ~土佐の天狗の皮~



「高知白バイ事件」・~「冤罪」では、ありません~よく言えば「事件」~ハッキリ言えば「警察犯罪」

      ~ハッキリ言わなくても単なる「バカ」~よく見れば「吉本興業」~

明らかに、人権侵害です。

 冤罪や刑務所・拘置所などの職員による被収容者への虐待など、公権力による人権侵害は裁判所も公権力を構成するだけに、公正な判決が期待できない場合もあります。

このため、欧州評議会加盟国では欧州人権裁判所を設置して市民が加盟国政府に対する訴訟を提起できる制度をとっていますが、

日本では最高裁判所を超越する国際的司法機関への提訴の道は開かれていません。まったくの後進国です。

 日本人の美徳は「お上」は正しい。「お上」に楯突くヤツは国賊。「お上」に意見するモノではない。清く・正しく・美しく、何事も控え目に楚々とした振る舞いが美しい国の住民だった。

これに甘んじた「出世思考」の糞・役人が、日本を食い物にしているのが現在の「国賊」である。
国家権力とは、国家のために権力を振り回す意味合いで使われてきましたが、今は糞役人の営利・出世目的で使われる。

国家権力の「悪用」~これが「国賊」でなかったら~なにが「国賊」か?
                         有史始まって以来の「国賊」が~全国に繁殖しています。


 日本人は保育園に入る頃から受験戦争の兵士となり、幾多の難関を乗り越えエライ人になるのが美徳ですから
常に、まず~形から~入ります。

「高知白バイ事件」もしかり、警察・検察・裁判所の「発表」があり、

新聞社が従順な「掲示板」となって、エライ人の・難しく・程度の高い・高貴な・文章を有り難く・報道する。

これを読み抜く人が文化人~・・
新聞なんか読まない人は低俗な人種で、ブログなんか「便所の落書き」とのランク付けが出来上がった人達が主流です。

ですから、裁判官の判決文に疑いを持つ人は極端に少なく、判決文を解釈できる人が文化人です。

主体は、戦争中の「大本営~発表」と、同じ、
              「国賊~発表」を自称文化人が受け入れているだけです。

「国賊~発表」の尊い・エライ文章を読む前に、「国賊」が創った・アホらしい「偽造写真」をじっくり見てから判断するべきです。

ただし、最初にお断りしておきます。私が扱う「偽造写真」は・これからの裁判には、さほど重要ではなく、
また・私のパソコン技術は、極めて初歩的なもので、高度な事はまったくできません。
だた欠点は使いようで有利にもなります。~技術的に低い私の欠点は、事実しか投稿できない。



下の写真をご覧ください。「高知白バイ事件」の現場写真です。
事故の後・現場保存等のために警察官が「問題のスリップ痕」を中心に交通整理をしている場面です。

この写真は警察が裁判所に提出したもので、目的は裁判官の発言
                     「たくさんの報道関係者や野次馬が押しかけた中で
                                               ;スリップ痕;を;偽造;するのは不可能」
との、判決を裏付けるため~
        「事故現場には、当時これだけの~たくさんの人達がいて~その中心にスリップ痕があった」
~・・との~証拠写真を提出したものです。

「国賊~発表」の「証拠写真です」~まずは全体を御覧ください。

この際・私が解説するより現実の目で確認してください。
手前に警察官の影が長く写っています。が、画面上の警察官の影は、ありません。(なぜ・で、しょう?)

この影がない警察官のみ~大きくしたのが下の写真です。
足元を・よく御覧ください。~お天道様~お月様~はウソはつきません。それぞれの影を比較してください。
私は何も投稿しない方がいい。

映画に出てくる、吸血鬼「ドラキュラ伯爵」は鏡にも写らず、影もないそうですが、
高知県警にも吸血鬼がいるのでしょうか?
いっそのこと、そのほうがいいです。

次に、画面右上の三人を見てください。
これを~大きくしたのが下の写真です。警察官の左隣りの人の腰付近を見てください。

足がない「心霊写真」か???????????????←・?くどい?ですか?????????∞無限の?

左端の人の「腰」に注目→まるで自転車に乗ってる様な?腰つきで足がない。さらに全体→これはピンぼけではない。
顔を塗りつぶしている。よく見てください。顔の箇所を少し大きくしたのが下の写真です。

顔の輪郭…鼻・口・耳・…ピンぼけでは、こうはなりません。まるで妖怪「のっぺらぼうぉ~」ゲゲゲの鬼太郎。
そして、警察官のヘルメットに注目。左右対称ではなく、左側の人と接する箇所が;ヘタに修正;されています。
つまり、背景とあわす為、大変苦労した箇所です。

他にもいくらでも有りますが^あとは^みなさんの判断に;おまかせ;するのが賢明だと思います。

こんな写真で人一人、刑務所に放り込み「お上」は常に正しい。写真のネガは出さない。裁判所は「門前払い」
~・・このやり方なら「殺人」事件であろうが、どの様な重要事件でも「蒸し込み」「隠ぺい」は簡単にできます。

ネガがないなら署名・指印のない調書と同じです。証拠能力はありません。

日本全国~いつ~どこで~何が・おきても~おかしくない~現にいくらでも・あります~^明日は我が身^~

このような公の「犯罪」を「国賊」と呼ばず、何が「国賊」か??
国家は、糞役人の出世の為にあるのではない。糞役人が金持ちになるために国家が存在するのか?

これまで公の機関を批判するのは左翼的な思想の持ち主でしたが、

この偽造写真を見てから後は国家の信用を失墜さす「国賊」は国家を悪利用する糞・役人であることが
一目瞭然であり、批判が「左翼思想」と一致しない事が解ると思います。




視察調査中の警察官諸君。「国賊」!と、全ての国民から言われだす前に
下のバナーをWクリックしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
日記@BlogRankingblogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/01(土) 13:38:32|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0