警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

警察の腐敗「悪魔と踊ろう」vol Ⅱ-5 一眼国の人脈            

                   ●悪魔と踊ろう  vol Ⅱ-5            一眼国の人脈








  田岡 大が逃げた1週間。

田岡の実父の弟が心配して、高知市から駆けつけていた。
実父の弟も元警察官、しかも警部まで出世して定年退職したらしい。

  この警部さんには子供が無かった。養子をほしがり、実兄の子の子供、
つまり 田岡 大に 男の子ができたら養子にしたい。
~との希望(約束済み)があったらしい。

強盗殺人の容疑を受け、取り調べられた挙げ句、逃げ出した。
逃げるとは、容疑を認めた。~ともとれる。

あわてて高知市から駆けつけ、家の周りをウロウロしていたから
~地元住民は益々噂を立てだした。






        「田岡の親類には、警察で出世したヤツがいる
               そいつは今、          
                 高知市からから帰り、心配そうに~うろついているが、
     
               みんなそいつが 
                     働きかけて事件をつぶしたんだろう
  
            地方の公務員は、何でもコネで成り立っているものよ。
                  
            市役所、教師、警察、県の職員、なんだって同じようなもんで、
    
                高知県のような企業のない田舎じゃあ

                公務員で出世するのが、大きな財産よ。
          
                  どこかの一族郎党が、みんな教師になったり、
                   全員市役所には入ったりで、みな、

                    それぞれの筋を
                       引き合って動きよる。

             綱引きで社会が成り立っている。
                 一人で頑張る奴は、ただ馬鹿な思いをするだけや、
            
                 警察は特にそうだろう。
                    組織とケンカして、勝ったモンは独りもおらん。
             
                           ・・・・・・・・馬鹿なことは、やめとけ~・・・・・」



亀の甲より年の功と言う。
  
 警察社会を知り抜いた長老から説教された。が、反骨精神は厳然と残っていた。
説教の傍ら、必要なことはキチンと含まれていた。

日本全国、田舎という田舎は、全て人の筋で生きている。
筋と筋が、損と得を絡み合わせ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・~みな体制側に流れ打つ。

これまで全国で起きた「冤罪」と呼ばれる事件で、
テレビで報道される現場の映像を思い起こすに、
都会の~ど真ん中で起きた冤罪事件は~何件あったのだろうか?
   
 人の口に戸締まりはできない。
ただ警察風をふかしていたのでは、人は何も喋らないが、
情理を尽くし、頭を下げれば、なにがしかの話が入ってくるものである。

土佐には酒があり、反骨精神も根強く残っている。
この時期、暇さえあれば土佐清水から四万十市に帰り飲みまくった。

 一眼国の迷路がしだいに見えてきた。銀行員失踪事件の容疑者、田岡を中心に
警察社会の1つ目カラスが、蜘蛛の巣の様に入り組み、もつれ合っていた。

一族郎党、それぞれの生い立ちをさかのぼれば、四万十市の近くにある小さな集落に
行き着き、そこからは、蜘蛛の子を飛ばした様に高知県西部の各地で公務員や

政治家として活躍する人材の里がある。
   
 なかでも警察官の人脈はすざましく、私が知っているだけで定年退職した者を含め、
かなりな数の警察官がいるが、全員警部以上の階級である。
 
  いわずもがな のお話である。一眼国には人材の里があり、
この里と縁戚関係にある者は、定年まで優遇される。

地縁、血縁、金の縁、3つの縁が揃った。三役そろい踏みの里に
容疑者と、その彼女は、縁戚関係にある。

頂点には、高知県議会議員、そして高知県警ではトップクラスの西田一男。
   
これを要に、扇を広げたごとく県警の至る所に巣造りをし、1つ目カラスを養っている。
私が 田岡 大と言う容疑者を割り出した時点で、全て筒抜けになっていた。

 銀行員失踪事件後、借金地獄で逆さにしても鼻血も出ないクソガキが、
平成2年8月24日~当日から突然金回りがよくなった。

それら1つ1つを調べ上げ、裏を取り最後の仕上げに
田岡 大の彼女の預金口座を調べる為に出した。

一国銀行への銀行紹介だけが、私の手元に帰ってこなかった。
この時、刑事課の架橋、山原、2人の刑事は、私が出した銀行紹介を握りつぶした。
と、考える。

 田岡の彼女と山原刑事の妻は、子供の頃から兄弟同様に育った仲である。

架橋刑事の妻の出身は、田岡と同じである。

私が情報を取った女の職場(病院)に白昼堂々と乗り込んだ宮田刑事は
黒幕、西田一男の親類である。
   
勿論当時の刑事課長は、西田の子分である。全てつながっていた。さらに愕然とする事は、
私が情報を取った女は、これらのつながりを全て承知していた。

女は
   「銀行員のお父さんが、探偵を雇って調べたのを・アタシがお父さんから教えてもらった」と、

ウソを言っていたが、

 この時、女は佐田さんとは、一面識もない。
では誰から聞いた?~犯人の田岡しかおるまい。女は事件後も田岡 大と逢っていた。

~私は、そう信じている。

   
 女は田岡に、田岡は警察幹部に、幹部は中村署の刑事に、ぐるりと1回り。
詐欺女は~その都度・自分のいいようにウソをついた。また更なるつながりもあった。

 この女の妹の夫、榎本と言う男も警察官で、やはり黒幕・西田の傘下にある。
銀行員失踪事件以来、この榎本は、ことさら警察組織の中で優遇された。

例えば、家を新築した時点で女房・子供だけ先に移転させ、
翌年3月には、御本人が新築した家から直接通勤できる管内に転勤している。

~警察官としては、極めてまれな異動である。

 新築した家の隣に、テキ屋が土地を買った時は、
刑事課員の護衛付きで、隣人を追い出したと聞く。

この時、榎本と一緒に勤務していた者から聞くに

          「今日、家に帰るけど、誰が行ってくれるろう」と言う問い合わせの電話が

当直中の警察官にかかってきたらしい。

一時期、帰宅するにも刑事課員の護衛が付いていたのは確かだ。

組織力で追い出されたテキ屋さんは、噂では、ただ粋がっているだけで、

それほど悪い男じゃなかったらしいが、もし逢うことができるなら一度話しを聞いてみたい。

 それほどまでに優遇された背景に何があるのか?女の妹、警察官の奥さんは、
たびたび女に圧力をかけていたらしい

             「アンタ(女)が、警察の悪さを世間に公表し、
                   銀行員失踪事件を、警察が蒸し込んだ事を言いふらしたら、
          

                 私ら警察で暮らしている家族は、どうなるが?・・・
                 滅茶苦茶になる。警察におれんようになる。
                               ・・・・・・・・・・・・・・アンタ責任取ってくれる」


高知県では、公務員としての警察官の生活は悪くない。その生活が根こそぎ破滅する。

と言う意味である。


恐喝と同じだ。片方で警察官(榎本)を優遇しながら、

その女房を使い、事件の証人を恫喝するとは、いかにも一眼国のやり方らしい。

全てがぐるぐる回りながら、互いに事件をツブシあっていた。

が、こんな事をいくら話してもキリはないし、又ぜんぶ言えば井戸端会議のような話になり、

支離滅裂になるのは間違いない。~これが田舎の実態である。

 私としては、ハラワタが煮えくり返る様な思いの12年間だったが、
社会全体が同じリズムで~同じ方向へ動いている。

~これに異論をとなえる者が“変人”だろうヵ~
 
 そんな感傷にふけるのも、頂点に達する出来事が中村署で起きていた。
田岡 大を任意で取り調べてから、4~5箇月位たってからだった。

・・・・・・・・麻雀博打で、中村署が2人の男を逮捕したのだ

しかも1年位前の博打でだ。麻雀は引きネタだ。目的は銀行員失踪事件にある。
引きネタの麻雀博打の取り調べは2日位で終わり、勾留請求を取った後10日間。

銀行員失踪事件について取り調べた。

逮捕した2人は、ヤクザではないが侠客風の筋が通った者だった。

この2人なら、失踪事件直後から調べている。

 喫茶「よってや」の客として出入りし、
また容疑者 田岡 大が麻雀をしていた関係で調べたが、
田岡の麻雀は、素人麻雀で掛け金は極めて少額だった。

逮捕した2人は、田舎では屈指の博打打ちだ。

全く格が違う、確かに田岡とは面識はあったが、喫茶「よってや」に出入りする以外、
田岡とも銀行員ともつながりは無かった。何の関係もない、と断言できる。

むしろ逆に協力者として使うべき人物だ。
と言うのは、失踪した銀行員は、
銀行の仕事、つまり職務で喫茶「よってや」に出入りしていた。

~それを客として、博打打ちが見ている。目撃者だ

しかも容疑者 田岡は、手を握る格好をする通称~「にぎり」。
花札博打をしていた可能性が高い、と言う情報もあった。

これがホントであれば、逮捕した博打打ちなら詳細に知っているだろう、

私が協力者として捜していた1人だ。~・・・が、12年後、この博打打ちは首つり自殺している。
・・・何のための逮捕か

1つだけ、思い当たる事がある~
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この博打打ちの実弟は“強盗殺人事件”で刑務所の中にいた

まさか?とは思うが~実弟が強盗殺人をヤル人間だから~その実兄に目を付けたのか

まさか??それほど~短絡的な?とも思うが~一眼国ならヤリかねん。
いくらでも言い分はあるが、実質的には、事件をつぶす一手段としか思えない。

それとも、田岡 大を任意で取り調べ、本人を犯人でないと~無理矢理結論付けた後、
捜査の手法を立体化するため~別の人間を逮捕し、~これも取り調べた、~アレも取り調べた。

~・・・容疑者は、複数で~いくらでもいた。
~とのゼスチャーを誇示する為の方便か?~他に考えられない・・・


~いかにも一眼国らしいやり方ではある。
 



 しかも、この先が一眼国の真骨頂であった。

一連の銀行員失踪事件の蒸し込みに功労があった者は、その都度。

その時点で昇任させたのだ。
警察官が出世するには、一生懸命に勉強して、昇任試験に合格しなければならない。

警察社会の業界誌には、まるで大学受験の予備校のような「昇任試験対策」とか
「マル秘,昇任試験合格対策」等と銘打った

受験参考書や通信講座・添削指導が行われる出版社がある。

コネのないヤツは、試験直前ともなると、夜中までお勉強。
翌日は居眠りしながら、お仕事するわけだ。

コッケイな例として、試験1箇月前に「柔道の練習中、首の骨を痛めた」とウソをつき
病院に入院して、勉強し合格した馬鹿がいた。

それでも合格すれば出世するわけだ。
コネのあるヤツは、昇任試験に出題される試験問題が、いくらでも入ってくる。

中には、出題される問題の模範解答まで手に入る結構なお人もいる。


・・・・・・・・・・・・・・ある時・漫才のような出来事が起きた。

 警察の昇任試験は、大きな署の会議室で行われるが、
この部屋は、一般の人々の運転免許証更新の際に、

くだらん安全運転の講義を受ける教室としても利用される。

受講しなければ、運転免許の更新手続きができないから、
何の意味が無くても仕方なく受けて金を払う。




     ~ある日、・・・警察官の昇任試験の翌日、
                 運転免許の更新手続きが、同じ部屋で行われた。



 その時~前日、受験に来ていた警察官の
              “忘れ物” ・・・“昇任試験の問題と模範解答”を
                         ~ビッシリ書き込んでいたノートが見つかり、

~「忘れ物」として、運転免許の更新手続きを実施中の警察官に手渡された。

・・・・・つまり、昨日~昇任試験を受験に来た警察官の内で~
                ・・・・・・・・あるコネがある賢いヤツは!

 試験当日・出題される“試験問題”と、
                  ~問題に対する“模範解答持参”の上で~“お受験”に来ていた事が

明確に実証されたわけだ。

~そんなのは、まだ序の口だ。

・・・警察の試験なんてものは、ハナッから合格者が決まっているようなもので、

参加者は、警察がいかにも厳正に試験を実施した、と言う事を装うためのダミーにすぎん。

   ひどい場合の例として、
         「おまえは、全く違ったことを書くかもしれないから、いっそのこと白紙で出だせ」


と言われ警部になった猛者がいるし、





 高知県副知事を務めた人の息子さんが、警部補になったときは、


~合格発表の前日~に

          「おめでとうございます、おたくの息子さんは、ご昇任なさいました」と

ゴマスリのため、県政の実力者である~警察官のオヤジに電話連絡した馬鹿もいる。

全てがアホらしくなって~私は、将来役立つ国家試験「社会保険労務士」を取ったが、
目的はなかった。

ただ別の試験に挑戦しただけだ。が、これらは一般昇任試験である。
世間にはあまり、知られてない別の出世コースがある。
 
 選考(推薦)・選抜試験制度というもので~はやい話が、無試験の昇任制度である。

この制度の目的は、多忙で勉強ができず昇任できないでいる優秀な警察官を現場の中から

掘り起こし昇任さすことにより、現場と事件に強い警察を作ろうというモノであるが。
     
現実には形骸化し、試験制度そのものが私物化している。

とくに銀行員失踪事件という大事件を、いとも簡単に握りつぶすだけの実力者ともなれば、

赤子を踏み潰すがごとく、私設警察の人事権を掌握しているようである。

そうでなければ、この12年間におきた・銀行員失踪事件蒸し込み工作の節目・節目において、

その都度、
功労者が選抜・選考又は一般昇任試験で、昇任していった理由を説明できまい。

 最も、いくら説明を受けても、それなりに~いい加減な回答しかあるまいし、

また一眼国内部の人事を、どう言ったところで、外部から確証を取れるわけがないが、

少なくとも重大事件を蒸し込んだ功労者が、そろいも揃って全員・ご出世したことは

間違いない事実であり、しかも昇任時期が蒸し込み時期の・それぞれの節目と、

あまりにタイミングが合致するのも~単なる1つの事実である。

 一眼国の悪魔のステップは、あまりに単純すぎて、一緒に踊っていても時々飽きが来るが、

悪魔君は、自分が県政の「大物」ぐらいに思っているのだから、

何ともコッケイな奴ではある。

 

  銀行員失踪事件において、まず最初にこの恩恵を掌中に納めたのは、

やはり私を追い出した後、この事件を担当した2人。中田・今田刑事である、

容疑者 田岡 大を任意で取り調べ、さらに何の関係もない 博打打ちを逮捕して取り調べ。

完全に偽装工作が終了した後、警察官になってまだ10年にもなってない、

今田刑事が突如、選抜・選考で巡査部長に昇任。

昇任後は、警察学校に入校し初級幹部として教育を受けるわけだが、

その入校中、中田刑事はオーストラリアを旅行していた。

 海外旅行だ、

あの遊び人に~海外へ行ける旅費があったとは思えないが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これも永遠のナゾで終わるだろう。

ナゾはともかく、この時点で中村警察署の刑事課では、
強行係の2人の刑事が~2人とも 留守だった。

~とても常識では考えられない。

2人のうち、どちらかは、必ず有事に備え残すのだが「外国旅行」と「昇任」で

2人とも留守とは、今だかつて聞いたことがない。

このことも、それぞれ・もっともらしい言い分があるだろう。が、一眼国内部の人事を
詮索しても何にもならず、確証は取れない。ただ事実のみ記録する。

 私の記憶は、間違いない。なぜかと言うと、この時期。
私の父親が、あの世に逝ったからだ。
長い間パーキンソン病で寝たっきりになっていた

オヤジは、銀行員失踪事件当初から、老い先は長くなかった。
食事が取れなくなり、ノドを切開して管を通し、流動食を流し込んでなんとか生きていた。

その日その日、いつ突然容態が変わり「お父さんが、危ない」との連絡を受け車で走った事が
何回あったか・・・その都度遠慮しながら自分の持ち場を離れ、

上司にお断りをして病院まで走った。
その様な状態の中で、中村署の銀行員失踪事件の進捗具合を見守ってきた。

親の生き死にを眼前にしながら、煮えくり返る腹立たしさを飲み込み黙って見続けた。
だから忘れる事も、間違う事もない。

親爺が死にそうになった後で・転勤になったのだ、どうしてこんな時期にと、

・・・・・いやがらせの転勤か?・・・

コネのある奴は、定年まで思い通りの異動ができるのに比べ、
ない者はイヤでも上の言う通りになる。
 
 しかし銀行員失踪事件の確たる情報筋をつかんだ私としては、
まさか、今年は転勤しないと信じていたが、一眼国でコネのない奴は、

一人前の人間とは、認められてないらしい。

私が転勤になってから~9箇月後の1月7日、親爺は逝った。

おかしな事に、親爺とお袋の結婚記念日に死んだ。

 オフクロが死んだ時も死に目に会えなかったが、これで両方の親の死に目に会わずじまいだ。

一眼国で、ほんとの仕事ができるならソレもよかろう、が、現実は全く違う。

いくら真剣勝負をしても、結果をみた幹部の思惑と都合で、蒸し込む事件があれば
日の目をみる事件もある。

それぞれの場合に、いかにも最もらしいツラをして、従順に忙しく立ち振る舞っている奴が
優秀な警察官であり、疑問を感じたり物事の真理をまっすぐ通す奴は、

・・・・腐ったリンゴと同じだ。

こんなクダラン組織のなかで、両親の死に目にも会えず、
ただ闇雲に生きてきた。何という愚かな生き様か。

 一眼国は競争相手のない独占企業、独禁法にも触れない唯一の独立国家である。
しかも日本中が、それぞれのエリアに区切られ、独立に人事権を掌握している。

しかも、その上に有名大学を卒業して、上級職国家試験に合格したキャリヤ組がいる。

奴らは、ろくな経験も積まず・警部補から出発し30歳で警視になる馬鹿もいる。

出世のために組織を構築する輩だ、世間の風がわかるはずがない。

死体に触ったこともない奴が、えらそげに捜査の指揮をとるピエロだ。
このピエロを騙すことなんか、赤子を泣かすより簡単な事だろう。

 日本中、ピエロとは言わず・キャリヤ組の本部長が頂点に君臨する。
そのピエロの周りに、地縁・血縁・金の縁で出世した、地元出身の1つ目カラスが

幹部として群がり、さらに1つ目カラスが、自分達の言う事だけを従順に聞き分け、
上手に踊れるカラスを集め・一眼国の突撃隊を編成している。


 親爺の遺体を棺に入れた。イヤに軽かった。
子供の頃から何度も聞かされた、親爺の唯一の自慢話を思い出す。

土佐藩の馬廻り役(殿様が乗っている馬のまわりを警護する。今で言う親衛隊)
をしていた先祖が、幕末に会津藩を攻めた時、土佐藩斬り込み隊として先陣をきった。・・・・・

金のないヤツは、昔のことをいいたがるものだ。
 
 土佐藩斬り込み隊。生か死か、猛烈な生き様をした土佐藩斬り込み隊には、
何の恩賞もなかった。その後、明治になり徳川の葵が菊に変わっただけだ。葵が菊になり、
日本各地で、世の中に対する期待感が増大する中、百姓一揆が続発した。

 葬式には家紋がついた提灯や幕を用意するものだが、葬儀屋が持ってきた分厚い本に
我が家の家紋はなかった。本にないとは、少なくとも四国によくある家紋ではない。

私は以前からから思っていた。我が家の家紋は◇のなかに□がある。

歌舞伎の「しばらく」、正式には何と言うのか知らないが、やたら大見得を切る場面で

  役者が「しばぁ~らーくー」と言う場面がある。

この役者の着物にある家紋と、我が家の家紋はよく似てる。それなら名古屋地方のものだ。

おそらく・・と思う。土佐は豊臣秀吉の時代から徳川になった際、土佐の権力者は、
岐阜から山之内家が徳川の命で入ってきた。

高知城を管理・維持しているのは岐阜の職人だと聞く。
ひょっとしたら、我が家のルーツは岐阜じゃないか? こんな疑問があった。

徳川時代に岐阜からやって来た、としたら説明は付く。
が、折角の親爺の唯一の自慢話に、水を差す様で黙っていた。

  土佐藩斬り込み隊が唯一の誇りである・明治生まれの親爺は、
赤貧洗うがごとし貧しい家庭に生まれ、

昔の尋常小学校を卒業するとすぐ、大阪の散髪屋に丁稚奉公に出された。

一銭・二銭の小銭を実家に仕送りしたらしい。

やがて大阪に店を持ったが、戦争でアメリカのB29爆撃機による空襲に3度
丸焼けにされ、土佐に逃げ帰ったと聞いている。

もし戦争がなかったら、私は大阪で生まれていた。その方が良かった。

 親爺の棺を霊柩車に乗せた。

家の外にはたくさんの人が、散髪屋のオヤジに最後のお別れを言いに来てくれていた。

私は、同じ職場の清水警察署から来てくれた人に、挨拶しながら周りを見渡した。

中村警察署から何人来たか、じっくり確かめたのだ。

期待はしてなかったし、来てほしくもなかった。ただ、確かめただけだ。

私が銀行員失踪事件の犯人を割り出した、地元中村警察署から何人来たか?・・2名だった。

一眼国では、署長やその他幹部の御家族に御不幸がお有りの際は、どの様な僻地であろうが、

何時間かかろうが、高知県各署から無数のカラスが御葬式に飛んでくる。
   
   地縁・血縁・金の縁・縁と園が完全に一体化している。

縁で縁を結べば園が楽園になるのだ。
私のオヤジの葬式には、
徒歩でわずか5分で行ける我が家に、中村警察署から2名だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・こんなモンだ、いっそすっきりしてよかった。

が、無念の涙は地面には落とさず、一滴ずつ口から飲み込んだ。
    
         いまに見ちょれ、一眼国の1つ目カラス。
            ぶち殺し、焼き鳥にして食ってやる。
         
              土佐藩斬り込み隊の慚愧がどれ程のモノか、
                   オドレらにじっくり見せちゃるけん。
        
                       ツラ洗うて待っちょれ。・・・・・押忍。

 金も力もないヤツ、愚か者・・・ろくでなしは、ただただ精神論を噛み締め
「押忍」教の信者になるしか方法がなかった。

  

 親爺が死んでから49日を終え、2箇月ぐらい立ってからだった。

当時わずかばかりの財産を、
広島市に住んでる兄と私とで分割するための準備をしているときだった。

親が残した土地家屋、現金等わずかであっても財産には違いない。

広島の兄と、電話や手紙のやりとりがあった時期だ。

その日、四万十市の高知地方検察庁中村支部に清水警察署から書類を運んだ帰り、
午後2時頃だった。

まだ時間的に余裕があり、ふと我が家に立ち寄ったが、もともと予定外の帰宅で、

家のカギは持っておらず、中には入れなかった。

しかたないので郵便受けを見ると、中には広島の兄からの手紙と一緒に

商品のパンフテット等が入った手紙など5通が入っていた。

その内、手書きの郵便物は、広島からの手紙だけで、以前から電話連絡を受けていた、
財産の詳細を書き込んだ手紙に違いなかった。

 そのままにしておけば、あと数時間後に女房が帰って読むはずだ。

そのままにして清水署に帰り、夜を待ち広島から手紙が来た事を女房に電話連絡すると

            「そんなモノは無い」と言う。

   

  無いはずがない

   確かに私が見た手にとって確かめたソレがないと言う


そんなら盗まれたそれ以外に考えられない。

しかし、何の価値もない手紙を誰が盗むか?
これまで警察の仕事でも~手紙が盗まれたと言う被害は、聞いたことがない。

価値のない物を盗む~ドロボーはいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・盗まれたのは、手書きの手紙一通。

商品のパンフレットなどが入った手紙は
活字印刷で住所地が記入されている。~これはある。

・・・・・・・・・・・・~なくなっているのは、手書きのみ。

~・・・ 盗む以上、その人にとって価値があるから盗むんだ。

誰にとって価値がある?
考えられることは、私の動き、動向を注視し~・・常に見張っている者なら

            「手紙の価値観」があるだろう。


 盗んでまで、ほしい人。一眼国の1つ目カラスなら、ほしがるだろう。


                                        
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/03(木) 04:18:49|
  2. 悪魔と踊ろう vol Ⅱ-5 一眼国の人脈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。