警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

警察犯罪の御案内

      高知白バイ事件
          「片岡さんの再審開始決定を勝ち取る支援集会」





                日時    5月24日(金) 18:00~20:30
 
                会場    高知県民文化ホール(グリーン)
                                  (高知市本町4丁目3番30号)

当日は、
    「布川事件」 桜井昌司氏、
    「志布志:踏み字事件」 川畑幸男氏を招き
”冤罪”と題し冤罪被害者を無くす為、両氏による講演も予定されています。



 次の報道記事は「サンデー毎日 2013年3月17日」の記事です。








日本国民救援会 等の御努力により、高知県の報道関係者が報道しなかった真実を~
やっとのことで活字にしていただきました。

警察犯罪が、やっと~一皮剥け様としています。



「布川事件」 桜井昌司氏、
    「志布志:踏み字事件」 川畑幸男氏・・・・等々

日本には数多くの
       警察が創作した“自作自演型”の冤罪事件
                           “つまり警察犯罪”が有ります。

警察は、映画会をやりたいのでしょう
~それならインターネットの力で拡散して~警察の映画会を~さらに大きくしたらいかがでしょうか
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/05/16(木) 16:22:16|
  2. 警察の~あたりまえ体操
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。