警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「高知白バイ事件」~勝負はこれから~

「高知白バイ事件」の偽造写真1~偽造現場5・まで~写真入りの投稿を済ませた後
・・・~これで刑務所に入ったバスの運転手「片岡さん」は~怒りどころではないだろう~と

私の20年前「悪魔と踊ろう」で警察組織内を飛ばされた感情が再燃してきた。

警察では矛盾と書いて・・・・・「常識」
    理不尽と書いて・・・・「当たり前」

    人情と書いて・・・・・「わしゃぁ~知らん」

と読む。

北朝鮮日本支部の言語である。何事も通訳なしには通じない。


歴史上重大な事件・事柄などには、よく「一枚の写真」と、報道される場合がある。
「一枚」で全てが解り、なおかつその一枚から無限の思いが発せられる場合があり、

100枚より一枚が勝る写真が「高知白バイ事件」・・・あの時バスは止まっていた・・の本表紙。
その・一枚の写真が語りかける無限大のストーリーがこれから始まる。

「高知白バイ事件」の当初、片岡さん御夫妻は、二人でどの様な会話をされたのか、
逆に同時期・警察本部でどの様な画策がなされたのか?同時に描けば事件以上のドラマになる。

『ホチの告白』の映画監督 高橋 玄 さん  のコメント高橋 玄 監督の公式ブログ

         私の映画『ポチの告白』も国外でのほうが実質的に評価され

         プロデューサーとしての肩書きだけに反応して、
                  シナリオを送ってくる外国人作家までいる。

         現在、私はフランスの映画プロデューサーから
                        次回作の企画を打診されている。

                     内容は言えないが、たぶん、彼らと組むだろう。


         「高知白バイ事件」も、某国で映画化企画を進めることにした。


この事件は、ますます大きく燃え上がるでしょう。

電子元年インターネットで拡散された情報源が勝つか、警察の掲示板(新聞)が勝つか、
天下分け目の戦いが始まります。

関ヶ原の最新兵器は、先込め式の火縄銃。今の関ヶ原は電子銃。映像は新聞以上に大きく
キレイで瞬時に配信します。

目で勝負しましょう。

「高知白バイ事件」~この事件を知った人は何を見たか?~裁判所の判決文・
検察の「この事故に偽造の証拠はない」との、

活字の発表。
これを警察の掲示板(新聞)が報道したのを自称文化人が、ありがたく読み取ったにすぎない。

読むとは「活字」である。

「お上」が詐欺をするわけがない・ウソはつかない・だから~新聞は正しい。
戦争中の「大本営発表」と同じです。

人の行いを目で見ることは容易である。
          口で伝えるのは第三者から確認を取る必要があるが、
文章で知るには,己が見るまでは信じるべきではない。

まず目だ。次に説明文章で詳細を知り、結果的に判断する。これが受験戦争で鍛え上げられた「暗記バカ」にはない。

この暗記バカに「金」をくっつけたら、これほどコントロールしやすい国は他にはない。


くどいようですが、もう一度同じ写真。
事故現場で白バイを撤去した後~バスの破損状況が写った写真を出します。


全ての痕跡が同一角度で、同一方向から、同一方向に流れている。
これほど解りやすい痕跡は、見たことがない。

           これ以上の言葉は相手が警察官なら必要ない。

この写真を見た全国の警察官の内で「このバスが動いていた」と思う(断言でなくてもいい)人は連絡してほしい。

先日投稿の通り、バスが動いていたなら後ろ側に痕跡が流れるはず。~どこに?何があるか?
「早く言え」早く言ってから後で説明しろ。警察官は現場でメシを食ってるはずだ。

目と足・五感で喋ろ、頭で喋るな。政治家じゃぁ~ない。

現場の血液一滴・髪の毛一本が重要な極点になる現場で培われてきた警察官が、
バスの衝突箇所に累々と残る平行に走った痕跡を見た瞬間。何を考えた?

全員が押し黙ったはずだ。黙して語らず。ただ黙々と動いたのみ~そうだろう?
総勢数十名の警察官が現場で動いていた。

当初、報道され、また当時のブログから「異常な数の警察官が~他の事故ならこれほどの数は集まらない」
と言われてきた。

なぜ?これほど集まった?私は野次馬風の警察官が多数いたと思う?~・・なぜ?

~数が多すぎる。
それぞれの警察官は、無言の内に白バイ隊員の処分について、哀れみを感じていた人もいたと思う。

が、次の段階に入り突如・偽造命令が天空よりクモの糸にぶら下がって降りてきた。
抜群のタイミングで発せられた工作が雪崩れの様に現場をかき消し摩天楼を建立した。

~あの出来の悪い偽造写真が全てを物語っている。

~「塗り」の「スリップ痕」

~「チョーク」で書いた「擦過痕」

悪い事をする時は頭を使え、使う頭がなかったら、ウソをつくな。
この事件の指揮命令を取ったのは特権階級「キャリヤ組」以外に考えられない。

己の命令だけが「唯一絶対」と考える「暗記バカ」が、現場のカラスに伝達して警察官が強制的に動かされた。

警察官を動かすものは「上」からの恐喝と恫喝だ。



「高知白バイ事件」=片岡晴彦 再審請求準備中

 
 再審請求を5月20日~24日に高知地裁に提出予定です。そのときに同時に再審開始を求める署名を提出いたします。


 署名はネットや携帯電話(ソフトバンクは除く)からも可能です。また、署名用紙をダウンロードすることも可能です。皆様のご協力をお願いします。




視察調査中の警察官諸君。君達の辛さはよくわかるが、
心まで鬼畜にくれてやる必要はない。
のバナーをWクリックしなさい。
高知県の警察官に叫びの文化を!
「悪魔と踊ろう」king.com/cgi-bin/in/zanba36/" target="_blank">日記@BlogRankingblogram投票ボタン
全国の警察官に叫びの文化を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
斬馬
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/09(日) 09:12:53|
  2. 「高知白バイ事件」~偽造写真~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「高知白バイ事件」~爆笑~ | ホーム | 「高知白バイ事件」~現場偽造~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zanba38.blog14.fc2.com/tb.php/151-34e68eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。