警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

警察の腐敗「悪魔と踊ろう」 vol Ⅲ-6 偽造工作

                  ●悪魔と踊ろう  vol Ⅲ-6           偽造工作







 下田駐在所は、シロアリに喰われた廃墟同然の建物だ。

柱という柱は、シロアリに喰われ中身がない。柱の中が空っぽで海綿体状になっている。

海から来る~強風が吹けば~家が揺らぐ。・・・・・信じられない。

もし地震があれば、中規模の地震でも間違いなく倒壊するだろう。死ねと言うのと同じだ。

警察官以外の職業なら人権問題になりかねないが、私が人ではなく、虫だという証であろう。

屋根はトタン葺きで、真夏の太陽なら容赦なく焼き焦がす。

突発的な大雨が降れば、まるでドラム缶でも叩くかのように、トタン屋根が鳴り響く、
昼ならいいが・・・深夜のドラムは、ジャズの様にはいかない。

 室内は恐ろしく暑い。過去に経験した事のない暑さだ。


 最近行った人間ドックでは、心臓に不整脈が出ているらしい。原因は充分すぎるほど判っていたが、
ここから動く事はできない。

近々、何かが起こる。それまでに記録を残していなければならない。



 8月上旬、クーラーを付けても、なお暑い駐在事務所でパソコンと格闘していたとき、

またもや捜査一課の特捜刑事が、1人でやって来た。

1人だ、警部補の刑事さんが1人で何用か?挨拶の後、駐在所の椅子に座り込み、


     今日は一枚の紙切れを出した。

           「すみません、これ見てくれませんか、
                          これは事件後に書かれた経過報告です」



 見ると、B5版の用紙に何か書いている。
        
                  ・・・・・・・・・~経過報告?・・・警察に、そんな書類が有ったか???

全ての官公所がそうであった様に平成4年頃に、使用する用紙がA4版の大きさになったが、

それまでは、小さなB5版を使っていた。

つまり特捜刑事(捜査一課)が、私の目の前に出した書類は、
私が事件後に追い出された 、平成3年までの用紙である。
  

 今から見ると、随分小さなB5版の用紙にワープロでタイプしたものだろう、
事件当時、こんな作業をしていたのは、中田刑事しかいなかった。

・・・私を追い出した後、田岡 大の情婦を取り込んだヤツだ。

   刑事さんは、真剣な表情で話し出した。
 

           「これを見ると、事件発生後の“平成2年9月10日”に、
                    田岡 大が“事件前”から 使っていた 、

                       グレーの車を秘匿鑑識したように書いていますが、

                                        ・・・・・・・・・・・・・・こんな事ありました?」


言われて見ると、確かに“9月10日”と書かれ、言われた通りの内容である。

・・・“ウソ八百”・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“大ウソの品評会”
・・・・・・・・・・・・頭を使っていない大ウソ



 9月10日と言えば事件から16日しか経過してない。

その時期「銀行員はフィリピン人ホステスと逃げた」と、ありもしないデマを、

・・・・・・・・・・・・・事もあろうに刑事課内部で、当の刑事課員が~流していた時期である。
 
     失踪であり、事件では無かったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全く相手にもしなかった。

それが、どうして事件前の車を秘匿鑑識するのか。ところがこの書類には、

さらに事件後に、田岡が購入した白色の車も合わせて秘匿鑑識した。

全て手抜かり無く、完璧な捜査が事件発生直後から実施された様に、見事な“大ウソ”が

~書かれていた。

その後の捜査員は、こんな“大ウソ”の書類を見ながら仕事をしているんだ、

改めて一眼国の恐ろしさが、身にしみて判ってきた。

 しかし、“9月10日” から “大ウソ” が必要な理由(ワケ)とは・・・
    ・・あの・・・四万十小学校北側の山で見つかった “骨” は、やはり銀行員だろう・・・

警察発表で「九州から来た人が自殺した・・・」~と言う、アノ例の骨は、やはり私が考える通り
失踪した銀行員の「骨」だろう。

だから、これほど徹底した大ウソを事件当初の初動捜査から塗り替えた。
虚偽報告書作成・公文書偽造・証拠隠滅・隠ぺい工作~の立派な証拠品が目の前にある。

私を追い出した後、特定幹部の思惑通りに偽装工作を完成させた御褒美として、

4年間で3階級出世した猛者もいたが、よほど表に出したくない事件らしい。

それだけ怖がるところを見ると、大ウソの仕上げは県警幹部がやっているんだろう、

道理で黒幕の西田秀男が定年退職したあとで、特捜が動き出したわけだ。が、しかし。

 ~ふと気づいた。

 どうしてこんな書類を私に見せるんだ?他の者ならともかく、私に見せたら

・・・・・・・・・・・・・「今まで蒸し込んでいました」と公表したのと同じだ。 
                          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なぜ見せた?

つまりこの刑事は、私に質問に来た様相で、実は私にみせに来た。・・教えに来た。

そう考えるのが順当か?・・わからん。・・・が、もし画策無しとすれば、単なるアホだが?

腹に何かの策があれば、よほどの決心が必要だ。

が、今は何の判断もできず、黙って聞くしかない。

 私が12年前のウソ八百の書類を否定した後、もっとたまげる言葉が、刑事の口から漏れた。

    核心に触れる、

          恐るべき一点。
  
  

                    「田岡 大の預金調査について、
                                     事件当時やったと思いますが。 
       
                          ほかにも、
                              当時の中田・今田・両刑事の名前で・銀行紹介した

                                 捜査関係事項照会書の書類が有りますが、
                                          ・・・・・・・これはどうです?・・・

                                           ・・・・・・・・・見覚えがあります?」

 

と言う、・・耳を疑う質問だった。

・・・・・・・・・“大ウソ”だ・・・私をミミズの様に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       ・・・・・蒸し込み・・はじき出し・・虫ケラの扱いで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           ・・・・・・・・・・・・・・・その上で・・・この“大ウソ”か~・・腐れ外道
 

 捜査関係事項照会書、事件直後から 田岡 大を中心とした関係者の預金状況について
~調査したのは私しかいない。他の者は、誰もやってないはずだ。

もしあるとすれば平成3年4月、私が中村署の刑事課から追い出された後だ。

          ・・・・・しかし、今・・「見覚えが~あります?」・・との・ご質問だったが?・・それなら
                   ・・・・・・・・平成3年3月までのはず?・・・今、そう~質問したが・・


 

           「ああ、・・そうですか?そんなら、・・その後、・・・・・

                  ・・確認したのかもしれない・・

                         ・・・・・・・・・・ もう一度確かめてみます」
 
 
何か、奥歯に挟まった言い方。~日本語の喋りとして、おかしい?
(事件後・1年以上経過した後で、照会して~何の意味がある。ヤル必要がない。)

~「確かめてから」下田の駐在所に来たはずだ。・・・何かある。・・・少し時間をいただいて

     小道具を引っ張り出した。

         12年前に私が書いた捜査関係事項照会書。

これを奥の部屋から持ってきて、特捜刑事に見せながら説明した。

   
       「これです、こんな風に、全部私が書いたんですよ。
                                関係者全員を照会して・・・」


銀行照会は~私以外の者は~絶対にやってない。~もし有れば~ウソの仕上げの報告だ。

 当時のワープロが使えず。きたない自筆で書いた私の12年前の書類を見せた。

    「今でも当時の記録は、しっかり保管している」との、ジェスチャーである。


もっとも、失敗作で提出せずに残したものだったが、「全員を照会」の「全員」を強調した。

目的は1人、田岡の事件当時の女の預金状況である。

         「なるほどねえ~・・・」と言いながら見ている内に

   
                「ああ~あの 田岡 大の彼女。
                      ・・・・・・・・あの時に照会した女の照会結果ですが、

                             あれの回答は~
                              ・・中村署に当時来ているんですよ。・・・1月に」
 

 
瞬間、耳を疑った

平成3年1月に、私が最も注目した女の銀行預金の取引状況について

   一国銀行から回答が来ていた。


それを当時の捜査員は私に対して

     「あの回答は、銀行から電話がありまして
        “土佐清水市”の“山田履物店”という店が、

                女の名前を借りて入金したもので、~・・・
                         これは、“税金対策の名義貸し”だから~
                           調べられたら、“お客さんが迷惑するから辞めてくれ”

                 ・・・と、一国銀行から連絡があったので、・・・・・・
                                       ~これ以上調査しないほうがいい」




 と大ウソをついて蒸し込んだ。

明らかにウソだと判る方便でだ。

天下の一国銀行が、どうしてそんな馬鹿げた大ウソをつくか、

           一国銀行は名義貸しの違反をしながら
               税金対策の預金を集めているから、
                 警察は調べないで欲しい。と~銀行がウソをつくか?


糞ボケ
    ~ウソをつくときは、もっと頭を使うんだ。使う頭が無かったらウソをつくな。~


と思ったが、・・・しかし、“そのウソ”は“ウソ”だった。と、・今、特捜刑事が言った。

なぜ?・・・・・・・・・なぜ私に話す。
  

    ~そんな事を私に話したら
           「アンタは、蒸し込まれていた。騙された証拠はこれだ」
                                     と、言っているのと同じだ。

・・・なぜ、今頃そんな事を言いに来たのか?・・・

しかし、「預金額」については、まさか・・言うまい。・・・絶対に言うはずがない。
と、自分自身に断言しながら一応聞いてみた。

       「それで、どの位の金額が、入っていたんですか?」

 
 これを答えたら、全て終わったようなものだ。

口が裂けても・私には内緒にするだろう「言えないから、私が蒸し込まれたのだ」

何の期待もせず尋ねたが、意に反し、刑事は何の抵抗もなく、すんなり答えた。

「答えた」と言うより、あらかじめ予期していたかのように、すらりと一言
   
         「5百数10万円」


 と、金額のみ答えた。
  
思わず「エ・・・~」と、うなった。・・・・・「5百数10万円」

~同じように発音した。

特捜刑事は、無言で、首を縦に振る。

    ・・・・大きく1回振った。・・・
       ・・・・・・・・・・・つまり・・「5百数10万円」入った

 ~信じられん。

・・・銀行員失踪事件。・・これまで12年間、私が無限大に近いぐらい繰り返した言葉。

銀行員失踪事件。

この事件発生直後、逆さにしても鼻血もでない。金に困っていた田岡が、

ヤツの女に「5百数10万円」の金を銀行口座に振り込んでいた。
   
その話、その金額を私に喋る?・・なぜ?・・話す。・・それなら田岡を逮捕できる。


 女を煮詰め、女のダシを絞り出した後、田岡を吊るし上げろ。ケツの毛までむしり取れ。

猟師は獲物を捕まえてナンボのもんじゃ、やらんか?・・なぜやらん。・・「このガキ」

一声残し、回し蹴りでもブチ込みたい心境だが、何もできず、精一杯の穏やかさを装いながら

質問を続けた。

が、私の思考は、別の思いも同時に進行していたので、電報のような一言にしかならなかった。
  
        「それは、一度に入った金か、
                      それとも分割か?」


これも答えるか?・・・・・・・・・・・「喋れ」クソガキ。
  

              「わからん」

 

またもや一言。

     「わからん」と言った。

「わからん」はずがない。銀行照会の回答があれば、全てがでる。


 5百数10万円の入金があれば、“何月・何日・何時・何分・に・いくら”~の入金と、
全てが出ているはずだ。それを「わからん」とは、

つまり「1度に入っている。または、切迫した日付で入っている」との回答だろう。

そこまでは、言えないらしい。聞かないのが礼儀だろう。

 おそらく刑事は、はじめから「喋る一点」と「喋らない一点」を明確に用意していた。

ソレが確定的であるがために、ポイントに関しては、一言の言語しか喋れなかった。

したがって、無理強いしても絶対に喋らない。が、なぜ私に話した。その真意は、何だ?・・・



     ・・・・・・・・・・・・・10年前、田岡を任意で取り調べた。

・・・あの時、「田岡が、自分のオヤジの金を無断で引き下ろして使っていた」と、断言し
「田岡は犯人ではない」と結論づけた。・・アレは何だ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「クロ」を「シロ」にした。・・・・・・つまり、そう言う事だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それなら~一眼国は、立派な共犯者だ。

犯人 田岡を隠し・逃がした・立派な共犯者。立派な警察犯罪だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・不祥事ではない犯罪だ

・・・・・・・・・初めから蒸し込んだのか?・・・それなら、・・なぜ今頃、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  取り調べを再開したのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 頭のなかで、繰り返し・考えを巡らしている隙に、

特捜刑事は「それじゃあ、また、何かあったら、教えてもらいます」と言い残し、

そそくさと出て行った。
 
 これは明らかに、私に対する質問を装い、逆に、何かを教えに来たものだ。・・・何かは、
わからんが、余程の自信がある。自信とは「事件終結」の自信。

事件を終了さす事が確実に可能である。との、自信とみた。

で、どこから自信が湧いてきた???
・・・・・・・・・・・・・オカシイじゃないか?ウソ八百で固めた事件初期の事実で、

・・・・・・・・・・・・・・・どうして~確定的な自信ができるんだ。
                   基礎的なことも解ってない刑事が・・なにをヤル気だ。

 私に真実を話しても困らないほど大きな自信だ。どこで、そんなモノができた?・・・

あるとすれば、1つしかない。・・・他にない・・外は、ウソ八百。これでは何もできん。

   ・・なら、中しかない。

いかにして、この事件を蒸し込んだか「蒸し込み組」を取り調べたら、

いやでも「真実」が分析できる。つまり、先に「始末できる」との、結論を出し、

後から肉付けをしようとしている。


 真実を隠す為の肉付けだ。・・・・・・それとも逆に、田岡を殺して全てを闇に葬るのか?

・・その自信か?・・ヤル気か?

この事件が、なぜ隠ぺいされたか?犯人自身が最も承知しているはずだ。

だから、別件で取り調べ、時間稼ぎをしたら、いやでも自殺する。

   ・・・それなら、私も危ない。

消されない為には、事件の記録を複数の方法で残すのが最も効果があり、しかも、

なにげなく公表する必要がある。

・・・数々の思いが、ゴミ焼き場の煙が立ち上る様に、臭いさえ感じさせながら揺らぎだした。
 


 それから少したった昼下がり、あまりに暑いので、用もないのにパトカーを走らせ

中村署へ立ち寄った際、凄い人物が署長室へ入るのを見た。

何と、事件を蒸し込んだまま・定年退職した西田秀男である。
いまだ中村警察署に出入りしていると、あ然とした。

それ以上に、西田とすれ違う署の幹部が、天皇陛下にするがごとく、

直立不動で、深々と最敬礼しながら通っていた。いまだ神々の神、サル軍団のボス。

12年前と、まったく変化なし。天皇陛下よりエライ~国賊だ

これでは、信用できないが、ただ・ながめるしか何もできない。

つまり一眼国は、12年前から一貫して、蒸し込み工作を完全に実行する方針は変わってない。

だから、犯人の田岡に関する

     ・・・・・・・・最大の弱点「彼女の銀行口座に振り込んだ5百数10万円」は・・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・~何がどうでも永遠に蒸し込み、闇の中に葬り
       ・・・・・・・・・・・・・・・・別件~「女性に対する暴力事件」を表に出そうとしている。

 前科の無い人間に対して、たかが「暴力事件」程度の罪名では、罰金で終わる。

強盗殺人・死体遺棄の重大犯人を罰金刑で追い詰めたら、何が起きるか?

   ・・~素人が考えても充分に理解できる。

   ・・・~1つ目カラスは遊ぶつもりだ。
   ・・・・・・・・・・重大事件の犯人のクビを“罰金刑の真綿” で、
                      ジワジワ “〆しめ込んだら〆” ~自殺しか残らん。



~それはいつか?


 私はこう思った。過去の例から考え、

・・・・・・・・・・・・・・何か、やる。とすれば、大きな物陰の後ろに隠ぺいする。
 
 

   昔、土佐清水署で署の幹部を、署員が椅子で殴り怪我をさせた事件があった。

マスコミが騒ぎ出し、新聞・テレビで一斉に報道された。

その際、中村署で準備中だった女性経営者による大きな詐欺事件を、

予定より早く~事件着手させた事がある。
つまり田舎では、珍しい大規模な手形詐欺事件。

それも女詐欺師による見栄えのする事件を、予定より早くマスコミに流す事により、

清水署でおきた、警察官による暴力事件を・包み込もうとした意図があった。

事実、地域住民の関心は、いち早く女性詐欺師に向けられ、目的は達成されたものである。

同様に銀行員失踪事件について考えてみれば。何かこれまでにない、大きなものに

包み込むことができないか?・・・と、考えないだろうか?・・・これまでに前例がない


           「よさこい高知国体」がもうすぐ開催される。
  


                夏季大会   平成14年9月21日(土)
                                  ~9月24日(火)
    
                秋季大会    平成14年10月27日(日)
                                  ~10月30日(水)
 
 それぞれ皇室から殿下・妃殿下がお成りになる。


四万十川流域の地域住民には、過去に経験のないイベントが盛大に行われ、

私なら~この機会を逃さない。

夏季大会と秋季大会の谷間、9月下旬から10月下旬の間、
人々の意識・目・口・すべて の五感は、国体に集中するだろう。

ホテルの数が足りない事から、普通の民家に選手や観客を宿泊させる「民泊」もある。

うわさ話に、明け暮れる暇はない。

それに、この国体はおそらく、二度と高知県西部では開催されないだろう。

・・・・・・・・・絶好の谷間である。私ならこの時期に勝負をかけるのだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 私は、この様な予測をした場合、必ず人に話す。

後からいくら話しても、タダの感想であり、当たった事にはならないからだ。

が、銀行員の件に関して、他人に話す事はできず。私の女房に期限を話し、

私はできる限りの注意力を、中村警察署に集中する事にした。
 



  秋の高知県国体に御成になる、常陸宮同妃殿下の警衛警備の御日程通りに、

御成先を前もって実際に見て回り、警衛警備方針を警察官に教えるための「実踏」。

実際に踏まえる訓練が、平成14年10月4日午前9時から実施された。

30名ぐらいの警察官が、大型バスに乗り、訓練のため出発しようとした。

 
 私が警察署出入り口前に止めているバスに乗るため歩いて行くと、

近くで新聞記者が不安そうな顔で~口をやや半開きにし、黙って、そわそわしながら立っていた。

しきりに、こちらを見ている姿は、私たち警察官が団体でどこに行くのか?~?~?

・・・・・バスの窓列に座る警察官の姿を~右から左へ~左から右へ~茫然と見ている。
                            ・・・・・・・・・・・・・これで、口が半開きだから呆然(アホ然)だ。

そんな感じで見ている様だったが~やがて突然走り出し、警察署出入り口から中に入った。 

・・・・・~「おかしな表情だ、何か不安そうに、そわそわしている」~ただ、そう思った。

バスに乗り込み、半日がかりで「実踏」を済ませ、混雑する食堂で、皆と一緒に昼食を取り、

帰ろうとしたのが~午後0時30分頃だった。



 帰る間際、刑事課長が署長と一緒に食堂に入って来て、
昼食の弁当を広げながら~・・刑事課長が署長に言った。
    

   「署長、新聞記者は、面白かったですよ・・・・・・・・・・・・・・・
  
       “実踏”で・警察官が、大勢バスに乗り込むのを見て~
                          『どこへ?~・・堀に行くのですか』って、
       
            何を勘違いしたのか・・・
               ~刑事課まで~・・大あわてで、走って来たんですよ。
              
                   入り口から~真剣な顔で・・走り込んできて・・
                            『“どこへ?~ホリに行くのですか”・・と・・・』        
                         ・・・“実踏”を・・間違えて・・・・・・

                             ・・・・・・・「掘ると思って」・・・アハハハァ~・・
                                          ・・・・・・・・・ハハハ・・・・ハハ・・・・・・」


 



  よほど~おかしい事が、コッケイな事が~有った様だ。


・・・~「掘る」と言って、1人で大笑いした。


他の者は、意味不明で、何を言い、何が・おかしいのか、全く無関心でメシを食っていた。

      警察官が大勢で、バスに乗るのを新聞記者が見て

           ~「何かを掘り出す為に、警察官がバスに乗り、出発している」と、勘違いした。


記者の勘違いは「掘る」行為のみ、「何かを堀に行く」~ただそれだけの行為をとらえた

・・・~勘違いである。・・・・・記者は「掘る」と考えた。

・・~が、実際は~「実踏」であった。

~それが刑事課長には、面白くて仕方がなかった。

そう言う事だろう、しかし、この「コッケイな話」を聞いた署長は~急に真剣な真顔になり

首を大きく~上から下へ~1回だけコクリと動かした。無言で~極めて真剣な表情である。

何か重大な決意をしている様子である。
    

 両者、対照的。刑事課長は新聞記者が勘違いして、子供のイタズラがまんまと

成功したかの様に無邪気に喜んでいる。


 それを聞いた署長は、ただひたすら自分自身を引き締めるがごとく、コクリとうなずいた。

・・・・・・・・時間にして10秒あるかないか、それ位の間隙だろうが、

・・・・・・・・・・・・~私はこんな瞬間を最も大事にする。

人は平気でウソをつくが、人間、無意識で喋った場合は、ホントのことを喋るものだ。

      この瞬間、この2人は真実を喋り~表現した。

・・・・・・・・・・・・「掘る」とは、「埋めた」から「掘る」のである。

                                ・・「埋めた」とは、何か。


  12年以上前から、この四万十市で「埋めた」「掘る」の2つの単語が出るのは、

・・・・・・・・・・・銀行員失踪事件以外にない。

今、まさに・深い海の底から魚を釣り上げる、最初の魚信(アタリ)が、署長と刑事課長により、
・・・・・・・・・・・・私の指先にピクリと感じられた。

 漁師は、指先に来るアタリだけで、今、何が釣り針に触れているか判るらしい。

それぞれの魚は、引き方が違うのだ。鯛と鯖では、アタリが違う。

  ~・・私に対するアタリは、
              ・・・・・・・・・・・・あきらかに、土に埋もれた銀行員の引きだ。


大勢の警察官を必要とする「掘る」行為。・・他に、何がある。・・鍵は新聞記者が持っている。


 記者にカマかけて「掘る」とは何か?聞けばいい。

私の考えが正しければ記者は、まだ署内にいるはずだ。絶対に帰らない。

こんな事件は有史以来初めて起きた、警察の蒸し込みによる強盗殺人死体遺棄事件である。

しかも、新聞記者が警察署に張り付いたと言う事は、警察幹部が、犯人逮捕の『極秘情報』

を新聞社に漏らした。との証跡である。新聞社に特ダネのエサをまく。~撒き餌だ。


 常日頃から新聞社を手なずけ、警察発表の通りの記事を書かせ、新聞を警察の掲示板に
・・・・調教・恫喝するやり方である

新聞記者は、緊張感を持続しながら警察署に張り付いた。

・・・だからコッケイな「勘違い」をした。


 それを、笑う刑事課長は「極秘情報」が、新聞社に抜けている事を充分に知っている。

公然の「極秘」である。~みんな知っている事だろう。~だから食堂で笑える。

また~署長の前で笑えるとは、署長が新聞社に、または県警本部が新聞社に抜かした。との痕跡だ。

コッケイな「極秘」は署長にとっては、一大決心を必要とする事柄であろう?・・・

・・・・・・~・・一枚の絵ができた。

・・・・・絵が動き出すまで、新聞記者は絶対に帰らない。

まず、何くわぬ顔で新聞記者をさがしだし、一発大きく出る。一発で決めてやる。









  ~おいしい“エサ”(特ダネ)をやりながら~新聞社を常日頃から手なずける~

~やがて、~シッポを振る立派な犬(ポチ)に育っていく~

~エサを貰った犬は、ある日・突然エサを貰えなくなる“恐怖”も同時に“感じる”ようになり、

頭の中で想像しただけで、シッポが動き出すように~訓練がいきとどく。~立派なペットだ。

やがて~主人(警察)が提供する通りの内容しか思いつかない忠犬に育っていく。

~持ちつ持たれつ~双方から互いに支え合った「人」の字は「冤罪事件」の報道も支え合い

“エサをくれる”「人」の主張しか報道しなくなり、片寄った偽りの正義が「冤罪」を創造する。

“ポチの恐怖”~が、普通の報道になった世の中では、偽りの正義が真実として“あふれ出し”

「冤罪」の文化が常態化するだろう。「冤罪」は創りだした文化。

権力犯罪だけで、創れるものではない。民をだます掲示板は、江戸時代からある。



戦争中は「大本営発表」だった~さらに上手になった今は~・・・“ポチ”だ。
 “大本営発表”~編集長は、忠犬-ポチ


スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/06(水) 17:43:10|
  2. 悪魔と踊ろう vol Ⅲ-6 偽造工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<警察の腐敗「悪魔と踊ろう」 vol Ⅲ-7 ポチの餌づけ    | ホーム | 警察の腐敗「悪魔と踊ろう」 vol Ⅲ-5 大ウソの品評会       >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zanba38.blog14.fc2.com/tb.php/201-b3fafb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。