警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴースト

                       ゴースト                   






 おだやかな1日だった。

事件、事故、もめ事・何にもなかった。田舎町の警察署での日曜日。

 朝から当直に入り、
アホ署長が地区大会で「賞」を受賞した「寒ラン」を地元の有力者からプレゼントされた。・・と、

タダで手にした優雅なワイロの逸品を当直員(5名)全員に御披露し、帰ってから2~3時間後。     

  突然「緊急指令」                      
           


             女が車に飛び込んだ。                 
                 おそらく、死亡事故。

なにが・なんだか・わからない。・・?????? 
 
           「女が走行中の車に飛び込んだ」         

                   そんなら~自殺か?                      


 ・・・・・・なんの事やら? とにかく、現場に急行する。 



 町の外れ、出入り口の様にトンネルだけが、ポツンと口を開けている。
暗い出入り口から300メートルぐらい離れ、警察官舎があった。~まわりに家はない。

その前に軽四乗用車が一台。


 現場には、これだけしかなかった。
全て救急車で運ばれた後だ。

車はフロントガラス右側に直径30センチ位の大きな凹みがあり、
全体にヒビが入って割れている。

 つまり、車の進行方向右側の人間をハネ。
腹部がボンネットに上がり、頭をフロントガラスにたたきつけ、
人を車がすくい上げる様な形で跳ね上げ、コンクリートの路面にたたきつけた。

この被害者は、車に正対し正面からはねられた。    

      ・・・・・ここまでは破壊された車が教えてくれた。   

  ・・・その後は?・・・はねられ、路面にたたきつけられた後だ?・・・ 

100メートルぐらい後ろ側に離れた場所に、細かいガラス片が散乱、ここが衝突地点。
その前方に白っぽい繊維痕(着ていた服のアト)と血液。

つまり、衝突後、車の下に巻き込むように、人の体の上を車が走っている。

その瞬間ブレーキをかけた。

車の速度は、あまり出してない。・・・~轢過。車が押しつぶした。

・・・・・・ 道路にある出血量と、轢過の状態から、
被害者は重傷か死亡?・・・・・・・・・そのどちらかだ?~まず、死亡?

 が、なぜ、右側から車に当たった?車は左車線を走っている。

回りには、人家など一軒もない~山とトンネルだけだ。




  事故の数時間前、トンネル出口の誰もいない空き地に、よく走りそうな車が一台止まっていた。 
・・・・・・・・・中で、女と男が別れ話をしていた。         

男は有名(タチの悪い)なプレイボーイ。

ヤツの部屋のゴミ箱は、エッチの後に使ったチッシュが、
いつも山のように盛り上げられ、

・・・・・・・・・・・・・・・それを自慢タラタラ~吹きまくる。      

ヤツと関係した女が、すでに1人、首つり自殺していた。    

男はロミオとジュリエットを演じながら、
悲恋と共に別れ話をしたつもりだったが、突然~助手席の女が車から飛び出し、

トンネルから出てきた車に~体当たりするかのように飛び込んだ。            

・・・~すざましい決断。
と、しか言いようがない。   
行為だけを見れば、そう言わざるを得ないが、

おそらく、よほどひどい「オモチャ」としての扱いを受けたのだろう!

いずれにしても内容は、新聞には出ない。



  それから2~3年後。 

転勤した私に噂が届いた。
    「警察官舎に出る?・・らしい」と?         

             「出る」?・・・幽霊か?                     


ほかにないだろう?・・・・夜・・若い女が横切るらしい?
特に相手を威嚇したり、おどす、様子はなく、スー~・・となにげなく動き、

見た者は・・・アレと思う程度らしい。

  「今のが?・・・」と・思う?・・・ 

私は一時期、年間50~80体位の死体を取り扱ったが、一度として幽霊を見た事がない。

「あってほしい」とは思うが、見た事がないし、

世の中には、やたら「恐怖の対象」となるホラー物語が多すぎる。

また、「霊」をエサに金儲けをするヤカラが多すぎるから、あまり信じていない。 

しかし、どうしても “説明ができない” 事柄に遭遇したことはあります。

ですから「霊」の皆さんは、「出る」なら「出る」で、「恨みのある人」を呪い殺すよう、
もっと直撃すればいいものを、フワフワ出てきてもだめだ。 

そして、もっと「霊」を大事にする風潮が大切でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

  1. 2014/06/28(土) 14:48:51|
  2. 荒雑録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/01のツイートまとめ | ホーム | 聞き取り民族学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zanba38.blog14.fc2.com/tb.php/222-39445390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。