警察の腐敗・・・「悪魔と踊ろう」       ~尋問の儀これあり~

四万十川沿いの町で、仕事中の銀行員が殺害され現金を奪われたが、犯人は、警察幹部の親戚だった為、警察は「隠ぺい工作」を画策し、この事件の犯人を割り出した警察官(私)は、ミミズのように蒸し込まれた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地鳴りの墓

                  地鳴りの



……………たしかに、この墓だ。
                     


                 ~~~~~34 年前~若造が~柔らかい土をクワで掘っていた。

その当時………………
     つい最近~と、言っても一か月位は経つが
                       …その位前に埋めた棺を掘り出している。

昔は、火葬ではなく土葬が主流だった。
人が死んだら、カンオケに入れ~その集落にある山あいの墓に埋める。

輪廻転生
  ~人は生まれ変わり、また現世に現れる~死とは、旅立ちである。

 スコップやクワで土を掘り、棺の外郭が判る位までの深さになると
死臭が臭ってきた。いくら秋の初めでも一か月位たてば腐っている。

棺の四隅に一人ずつ屈強な若者が立ち、引き摺り上げた。
こんな仕事は、警察学校を出たばかりの新米の若造が選ばれる。

若造は、言われた通りに棺のフタを開けた。
~人間が腐ったら~これだけ大きくなるのか~カンオケ全部に死体がギシギシだ。

膨満死体~黒い塊。
全身が腐敗ガス~ガスが人間の皮を被っている。

眼は白くなって、大きく飛び出し、
舌も腐ってガスで膨れ上がり~口の中から外へ、はち切れんほどに出ている。

巨人様観の奇怪な怪物~
赤鬼・黒鬼・青鬼等………死体現象を昔々から鬼に例て伝えられた。

仏教の宣伝材料にもなったが~ただの腐った肉だ。


   全身が腐敗疱。
    
        ~コレをカンオケから外に出さなければ━━━Ψ(°д°;!)!━━━
        ~死体解剖して、体内から資料がとれない( ̄◇ ̄;)

まだ夏が終わったばかりだ。額や頭から汗が噴き出す。
が、ゴム手袋の両手は、腐った人間の腐敗汁でドロドロ。~まったく使えない。

ハエが数匹~蚊も飛んでいる。
こんな時に意地悪く~顔や鼻に飛んでくるが、頭を左右に振ることしかできない。

死体にとまっていたハエが、からかう様に顔の前をブンブン飛んでいる。
何も見ない方がいい。

腹をメスで切り裂くと内臓が飛び出した。
ガスで膨満し、パンパンになった小腸がプルルンと震えた。~まるで風船だ。

メスで突くと、プスとは鳴らなかったが~辺りに強烈な腐敗臭をまき散らした。
腸や胃袋の内容物が欲しかったのだ。陰茎はメロン大に膨満していた。

この男は、この付近で山師(木の伐採・運搬・販売等)
と言われる林業の仕事中に倒れて
救急車で搬送されたが間もなく死亡したもので、

遺族らによって “農薬による毒殺”
~“殺された” との訴えが後日あった。



……1980年

全国各地の自動販売機の商品受け取り口に、
パラコート(除草剤)を混入したジュースなどが置かれ

毒物の混入された飲料水を、置き忘れの商品と勘違いさせ、
それを飲んだ被害者が命を落とした。
               (パラコート連続無差別毒殺事件・全て未解決)

当時は、瓶で販売されている飲料水のキャップは
構造上~開封と~未開封の区別が付きにくかったため、

一旦開封し毒物を混入した上で、
キャップを戻しても、一見目には、そうと分からない事が多かった。

当時は、防犯カメラもなく、
物証もほとんど残っていなかったため、
犯人は捕まらないまま迷宮入り。
          {関連事件34件(模倣犯を含む)のうち、13人が死亡}

           **********************************
                        パラコートは除草剤。(現在は改良されている)
         
                          この当時24%濃度の “液剤” が市販されており
                          18歳以上で、印鑑さえ持っていけば
                          農協などで買うことができた。致死量は15CC。 
                        ******************************************    
                           (“液剤”の 除草剤パラコート) 
                                       パラコート

                                         (現在は、ありません)
                          ****************************************

 戦後のドサクサが少し落ち着くと、民主化・近代化の波が押し寄せ
農村や漁村にも、これまでになかった機械や薬が出回る様になった。

が、皆さん慣れてなかった。

~それまでの農業は、クワやスキで土を耕した。
スキと言っても解らない人は~スコップを連想すれば、少しは近い。

とにかく、機械や薬は、ほとんど無かったが
高度成長期に入り、生産性向上が重視され、
さまざまな方向に、近代化が急速に広まった。

それに、この当時の農薬は強烈だった。

 それもそのはず、

戦争中のドイツ軍が使っていた毒ガスや
薬物の分子構造を少し変えた(改良した)農薬が横行していたので

素手で無防備に触れたり、
密閉された小部屋(ビニールハウスや倉庫等)で使用した場合、

そのまま死亡した事例があり
現在では、改良され安全になっている。




 あまりに急激な死に直面した遺族が、
“毒殺” を疑い “訴え” を起こしたのは無理もない。

この当時~病院で死亡した者には、
医師の届けが無い限り警察は動かなかった。


   …………………それじゃぁ~これから大捜査が始まる\(^o^)/


若造警察官は、墓掘りの後、わくわくしながら引き上げた。

~その日の夜~
 若造警察官の肝試しが始まった。


 膨満した腐乱死体~黒い腐った肉の塊をカンオケから外に出す際。
死体に触れると、腐った人間の皮がズルズル剥ける。

指なんか~指の形のまま~まるで手袋を抜かす様に

指の形の皮が、ズルリと取れ~中の肉から汁が垂れる。
医学的には汁なんて言わないが、そんな事はどうでもいい。

汁は汁~それ以上の思考は…できない。

メチャクチャな御仕事をさせた若造警察官に、
まるで戦国武将を気取った刑事課長が
“焼き肉の御馳走” をしてくれた。

腐った人間の肉を数時間取り扱った者に、
      ~~まだ、風呂にも入らず。後始末を終えた若造に………………

           “焼き肉” を “喰え” と言うわけだ。  

                 ……………~ありがたく “いただけ” と

若造警察官は、生まれて初めて警察幹部を見た。

まるで天下を取ったかの様なモノ言いで御馳走を振る舞う、我らがボスは

本件 “毒殺事件” のテンマツを~焼き肉とビールを片手に話しだした。

 我らがボスは、

事件現場の台所にあった “しょうゆ” (当時は一升瓶入り)から
除草剤(パラコート)を発見した。

醤油のビンから薬物が発見されたから
~毎日料理をして、被害者に食事を出している~被害者の妻を “取り調べた”
 
    …………………が、いくら調べても歌わない(自白しない)
        
            ~矛盾点を追及する材料も無いから~釈放した。

との内容だった。
で、最後に朗々と付け加えた。

         ……………「疑わしきは罰せず」と、

立派な御言葉だった。

疑わしきは罰せずとは、
有罪か無罪か確定していない人は、
疑わしくても罰するべきでは ないということだ。

有罪が確定するまでは無罪として、扱われるべきであるという、
刑事裁判 の「推定無罪」の原則である。

   “疑わしきは被告人の 利益に”…………………… 
      ~………極めて民主的な理想論を
                トゥートゥー~と演説した挙げ句


~早い話が “収束宣言” で終わった。
~えらく力(リキ)んで、ヤメるものだ。

しかし~醤油のビンに農薬(パラコート)を入れたのであれば
~当然~その家の妻も食する事になる。あたりまえだ。

現に腎臓や肝臓が悪いらしい。

それが~“被害者の妻” を取り調べただけで “終わりか”~??

??????……どこが “疑わしい” の?

山師(夫)を殺したら~経済的に最も困るのは妻でしょう????
大きな保険金なんか加入していない。~妻の収入源は???????
 
…………ほかに “誰もいないから” ?
     
        何も “思いつかないから” ? 何もないから?

          ~~…~眼の前の “妻” が “疑わしい” のだろう?

“訴え” があった以上~何かヤラないと、カッコウがつかん。
     ~だから~最も手っ取り早い~女を使ってカッコウをつけた訳か      
      
      ……普段は、農作業しかできない田舎者の “訴え”で
              ~被害者の中心的な存在 “妻” を取り調べたら、

          ビックリして、すぐに “訴え” を取り下げる????
               現に~“訴え” は、静かになった~……………? 
   
                ……それじゃぁ~
                       何のために墓を掘って

                         腐乱死体を取りだした??????

結局~事務処理の為に~たた形を創っただけか?
事件の “結果報告” を警察本部へ “上手に報告” するための “道具” か?

~それだけのために、あの腐乱した膨満死体を掘り出し~

その肝試しに、焼き肉を喰わせながら~……………………

     「疑わしきは罰せず」と、大演説をブッタ。
        “罰” が無いなら、捜査は終了。
              ……………………後は “上手な報告” だけだ。

            ~このガキ~学生時代なら半殺しだ。
                             …まぁ~これが警察か?



山里・川
                      (写真は “日本の山里・全国版” ~事件には無関係)
 
事件現場は、○○村の山間部にある。
山間部と言っても○○村全体が過疎地で、大きな山間部だ。

その村の中でも、
特に林業が盛んな山深い地区で、
戸数100軒余りの人家が谷間の道沿いに点在している。

人家の前側は、谷と川~後ろは山。
結局~道沿いにしか平らな土地はない。
典型的な高知県の山村である。

皆それぞれ縁戚関係を持つものが多く、もちろん顔見知りである。

家を留守にする時も “鍵をかけて” 外出する者は一人もいない。
夜寝る時もそうだ。

とにかく “鍵” とは無縁で、
施錠設備のない家もある。(こわれて、そのまま)

これなら~
台所の醤油瓶に農薬を入れるのは誰でもできる。~簡単な事だ。


その日に死なないまでも、
数カ月かけて病気風の死に方をした者は?……~二人いた。
                             (現実には、
                               たぶん~それ以上?)
 同世代の男女ふたり、二人とも連れ合いを亡くした一人暮らしだが
元公務員の二人は、過疎地の田舎村では、裕福な暮らしぶりだった。

が、二人とも村外の病院で多臓器不全(腎臓・肝臓・脾臓等)で死んでいる。


………~どうして?これだけ多くの内臓を~一度に患ったのか?????
               ???~医者が首を傾げて~不思議がった~らしい。
      

   “医者が不思議がる”???……~ウソつけ。とぼけるな。
               ????~そんなはず~ないだろう。

“多臓器不全” なんて病名はない。それは状態を指摘した言葉だ。
“毒物” 以外に原因があるのか?~医者には解っているはずだ。

          ………………が~関わりに成りたくない。


それに、少しぐらい “オカシイ” 状態があっても “警察が動くか?”

    …………………また~かりに “動いても?何ができる?”
                            ~どうせ “事務処理” だろう?

~そのくらいなモンだろう~~~~~~~~~

現に~その通りの事務処理しか~しなかった。
……………………医者の考え方は、正しかった。


同じ地区・しかも僻地の寒村で、
二人の人間が多臓器不全だと???………~いい村だ。


 
  田舎に行くほど、見て見ぬフリをする風習がある。

~窃盗被害の被害届も出さない場合も多く
警察が裏付け捜査に行っても、
被害の届けさえ出さない~親告すらしない者もいる。

この様な場合~
犯人(縁者・知人)を知っているから、何も出さない訳だ。

同じ現象は“放火”にもある。

  …………………「あれは~恐ろしい婆(ばぁ~)さんョ」

これだけで、
地元では “暗黙の内” に “全てを了解” ~他には “何も語らず”

  ??~通訳がないと解らない?

    少しオカシイ “婆さん” がいて、
     何か “気に入らない事” があると “火をつける”
      だから~当らず障らず~
      その婆さんに接していなければ、後で大変な事になる。

との意味で、普通なら「放火罪で捕まえたらいいじゃないか」と思うだろうが
刑務所に入っても、少しオカシイ人は平気で帰ってくる。

しかも、この人の縁戚関係者は、“隣~近所” にいくらでもいる。


………~だれが後々の事を~面倒みる。だれもシナイだろう。
    ……………………世の中~学校の教師や警察が言う様にはいかない。
         
       ………………………バカほど~口で偉そうに、理想論を喋るモンさ。

この様な風潮は、
現場(地元)に “根” を下ろした者でないと、“空気” すら読めない。
要は “根” だ。
昔の刑事が言うところの “畑” “情報源” だが

コレを大事にする風潮は消えた。
“根” “畑” を創り、地元の “空気を読む” 必要性も感じない。
~感覚が欠落・欠如した人間が多く

もちろん警察幹部に、いくら説明しても無駄。

    まず自分自身を基点にして、
        ↓“下”↓に対しては、戦国時代の “織田信長” の様な振る舞い。
    
    が、↑“上”↑には、
        “太鼓持ち” か “メカケ” のごとく、
         自分のケツの穴を出す~ただの屁だ

若い・出世の見込みがある
自称エリート刑事課長なら~ことさらコノ傾向が強い。  

要するに~本人の価値観は組織の中にしか無く~外にあるのは全てボケゃ~
       警察で出世するには、昇任試験とコネじゃぁ~あとは、どうでもえぇ



山里・全体

 山里の道を遠くから見れば、車が走る車道しか見えない。
~それはコンクリートを使ってできた道で、大昔からの道は山裾にある。

車が走る道沿いに、一列に並んだ山里の家。

が、家の裏側には、
江戸時代以前から踏み分けた “三尺道” が~あらゆる方向に走っている。

“三尺道” とは、
昔々~牛・馬が農作業をした時代。
道幅は三尺(約90㎝)あれば充分だった。

三尺の道は、隣近所から田畑へ~山の尾根へ~…………………………
尾根を越せは、村外へ~どこにでも行ける森林の山道だ。

しかも車社会になってからは、
人々の関心はコンクリート道路しか眼中にない。
だから~三尺道は誰の目にも触れず~どこにでもいける不思議な道だった。

 戦争中から戦後のドサクサには “密造した酒・焼酎” を背負い、
取り締まりの眼を逃れ、町まで運んだ。~これが、いい金になった。

    “密造” したモノは “無税” だ。~これほど便利な道はない。

     “密造酒” と共に、三尺道は踏み固まった。


   誰にも見られない、不思議な山里の道を老婆が一人、
  鎌(カマ)を持って歩いていた。

鎌は草刈り用のカマだ。~山里では普通の光景。
鎌で畑に生えた草を刈る。その為にイツモ持ち歩く。

一見、働き者の元気な婆さんは、地元では “東京婆さん” と呼ばれていた。
東京から帰って来た婆さん~だから “東京婆さん” だ。


 日本の高度成長期~1950年代、60年代の日本は
地方に住む若者の多くは、中学校を卒業したのち

経済的な理由から高校へは進学せずに仕事に就いた。

これら中学校を卒業したばかりの “15歳・16歳” の若者を
工場労働力として青田苅りしていた時代。

地方の一中学校から “10人・20人” と・まとめて就職者を募り、
それを就職列車を仕立てて、都会へ移送した。
集団就職・おめでとう


これが低賃金で、戦後の日本復興を支えた陰の功労者だった。

 雇用主は、重労働や低い生活水準に慣れている
若い未熟練な田舎出身の労働者を

     「金の卵」と呼び、好んで雇った。




“東京バーさん” は、10歳で母親に捨てられた。
(父親は、10歳から肺結核の為に入院していて、12歳の時に病死)


 昔は子だくさんだ。
最初に生まれた子と、一番下の子は、親子ほどの歳の差があったのは珍しくない。

“東京婆さん” は、末っ子でだった。
兄嫁と母親が不仲の内で “厄介者” の様に育てられ、
兄嫁にいじめられて、本当に辛い思いをした。


ようやく中学校を卒業して、
~「食い減らしのため」就職列車に乗った。ふる里には鉄道が通っていない。
集団就職・セーラー服

朝早く20㎞以上の道を~乗合バスで~やっとのこと、川を超え
この地域の中心地にあるバスの駅までたどり着く

~そこから、さらに30キロ以上の道をバスに乗り、やっと鉄道の駅に着いた。

SL(蒸気機関車)を見るのも珍しかった時代。

「金のたまご」だと言われて、
修学旅行の延長のような気分で、集団就職列車のSLに乗り、
東京駅に着いたのは、夜遅く~やっとの事だった。
集団就職・駅に着く


駅の構内では、就職先の人が迎えに来ていて、列車の中で知り合った友も
会社の人に連れられ 5人、10人と少なくなってしまう。

食べ盛りの若僧も、腹を空かしてホームに座り込むようにしていると、
就職先の担当者がプラカードを持って探してくれていた。


 これから先が、本当の地獄だった。

“東京婆さん” は、大手繊維系企業の工場に入った。
自動車のブレーキライニングを作っている工場だった、

高さ3~4メートルもある巨大プレス機を年若い女の子が扱った。

工場敷地内に寄宿舎と定時制高校を設置してあり、
募集要項に「高校進学ができます」という文句を歌(うたう)っていた。

で、一日のスケジュールは、寄宿舎で起きると日中は工場で働き、
仕事が終わると、敷地内の夜間高校で勉強というものでした。

もちろん~その頃は、まだ休みは日曜だけだから、
工場敷地から外へ出るのは日曜だけ。
かつて女工哀歌とされた明治・大正時代を彷彿させるような就労環境だった。

いつの時代にも、あることだが
都会の生活や仕事環境に幻滅した。と、いう理由で、故郷へ戻った人もいたが、

実家が貧しいから、すんなり帰れる状態ではなかった。

慣れない生活苦からくる精神的疲労から
17歳の時に顔に白癜(しろなまず)という病気で、
顔や首の皮膚が白くなる不治の病気にかかった。

白癜(しろなまず)とは、
尋常性(じんじょうせい)白斑(はくはん)病の通称名で

白斑病とは、突然皮膚の色が抜け、白い斑点ができるものです。

白斑病は後天的なもの(遺伝的ではない)で、
美容的な皮膚の問題以外に身体への影響はない病気なので、

今なら色んな療法があるだろうが~この当時は、三大難治皮膚病とも言われ
なかなか治りにくい皮膚病だった。

伝染することは無いが、
仲間からは「気持ちが悪い、移されそうで怖い」と言われた。
早く、この場所から逃げたかった。

美形の子は、もっと条件のいい “夜の職” に転向する子が多かったが
~白癜(しろなまず)では無理だ。

汽車に乗るのも初めてだった、田舎の小娘に出来ることは~ただ耐えるしかない。

   ……~ほかに方法が無かった。
                  ただ~裸電球の下で~………………耐えた。


 年頃になって、体だけが目当だったタチの悪い男に、
オモチャにされた事もあったが、他に行くとこが無い。

たった一つ良かった事は、故郷の兄嫁が病気で亡くなった。
 ~あと少し働いて、年金が入るようになったら~故郷へ帰ろう。

これだけが生きがいになった。



 これが “東京婆さん” の経歴だ。~普通なら、これで終わりだ。
が、生まれ故郷に帰ってみると、
数十年前~中学校当時~学校ではデキが悪かった金持ちの娘が

~そのまま~金とコネで~学校の先生になっていた。
~今や高額の年金生活者となり
人から “先生・先生” と言われながら、村の行事の世話役になっていた。

他にも~もう一人~また、もう一人。
同じ様なアホが、
田舎のコネで、上手に~ノンビリと人生を乗り越え、年金をもらいながら

村の指導者的な役目に座り、なつかしそうに “東京婆さん” に声をかけてきた。
“東京婆さん” は関東の “江戸っ子弁” で
スマートに “粋” な返答をしたが、内に秘めた心は

やっぱり “人生は銭” かとの思いが強烈に湧き上って来た。


山里・三尺道


 “東京婆さん” は、誰にも見られない “三尺道” を歩きだした。
手には “鎌” を持っているが、この付近では草を刈る為に誰でも持っている。

三尺道は~畑へ~隣の集落へ~尾根へ~どこまでも通じている。
                                    
竹藪から顔を出し、
畑で熟れているスイカに、鎌で浅い切れ目を入れた。切ると、2~3日で腐りだす。

モモやナシも、同じように浅く切った。
       「~どうせ年金暮らしのアホが、暇を持て余して作ったモノじゃ」

なにか~得体のしれない憎しみが沸々と煮えたぎってくる。
“なぜ?” と言われても解らん。ただ~快感を感じる。
  
            ************************************
                この様な事は、一度も無かったので “ウワサ” が駆け抜けた。
                 ~それと同時に “ウワサ” を話題にする際 

                本名で “ウワサ” をするのが “マズイ” ので、
                “東京婆さん” との名前(隠語)が村内に定着した。     
                      
                  ~つまり、この時点で~地元では “有名人” 
                    …………何も知らないのは、警察だけだった。
                ***********************************************




 “快感には限度が無い”

~最近~草を刈るより、薬で枯らす便利な除草剤が出回るようになった。
しかも強烈な薬らしく、隣村の集落では、

夏に噴霧器で、風下から除草剤をまき散らしていた爺さんが
畑で倒れて、病院に運ばれ、10日位で死んだらしい。

  ………………~病院で死んだら “病死か事故死よ”
             ~それだけじゃぁ~殺したわけじゃない。

              ~スイカを鎌で切るのと~同じ様なモンさ。


眼・日本人

  集落を走るコンクリート製の主幹道路は、一本しかない。

この一本に入る、出入り口の
~山の中腹に “東京婆さん” のあばら家(離れ屋)がある。

道路側に木製枠が少し曲がった、動かない窓がノゾキ穴の様にボツンとあった。

つまり~この集落に出入りする車の全ては、婆さんの家から観察できる。
しかも裏山には“三尺道”が、深い森林の中を静かに流れている。

時間だけは、ウンザリするほどあった。
まだ暗いうちに眼が覚め “また一日が始まった” と、思う。

~この瞬間が一番つらい。

窓の “ノゾキ穴” から見ると
~誰の車が~どちら側へ走ったか~手に取るようにわかった。

この村では、人の職業や趣味趣向まで、わかっている。
そこまで解れば、誰の家が留守か~車が無かったら~留守だ。

村の中じゃぁ~バスも走ってない。
車かオートバイが無かったら、買い物にもいけん。
足が無いのと同じじゃ~足をみりゃぁ~留守かどうか解る。聞くまでも無い。

    “東京婆さん” は、無言で動けた。
             ………………~今日は、あの家が留守だ。

     ~“三尺道” からユックリ流れ出た。
           まるでイカダに乗っている様に~音も無く歩いていく。

手には、いつもの鎌を握っているが
モンペ(ズボン型の野良着)のポケットには、除草剤が入っていた。

鍵をかけてない留守宅の裏手は、ハンで押したように山があり、三尺道が通っている。
三尺道から台所に入るのは、婆さんの “あばら家” に入るより簡単だ。

台所に必ずあるものは、醤油だ。ショウユが無い日本の家はない~ココは村だ。
~必ずある。しかも一升瓶で。

一升瓶の中には、7分目~8分目位の醤油が入っている。
これに除草剤を半分ぐらい入れたら~ずいぶん薄くなるから~すぐに死ぬ事はあるまい。

醤油は毎日使うものだから、徐々に少量の薬が入る。
      …………死ぬことはない。病院へ行くだけだ。~たいした事じゃぁ~ない。

        
 …………緊張感の中で~最高の快感を感じながら、2度3度と繰り返した。

やがて吉報が届いた。二人入院・一人通院。(その後~全員病死)
                              (たぶん~それ以上?)
   
……病院へ行くんなら病気だろう~“病は気から” と言うだろうょ~病気だよ。

が、一つ気になる事がある。

“三尺道” を動いているとき、
何度か知り合い(御近所)の山師(木の伐採・運搬・販売等)に会った。

~ちょうど、その付近で仕事をしていた。(複数の作業員・遠目の山師の目撃者)
何回目か近くで顔を合わせた際、山師が “歩いているだけ” の婆さんを見て

       「散歩かい?…………」と声をかけた
          
          …“この村で、鎌を持って散歩なんかするか” ボケェ~


この一言が気になった。

          …“もう一人だけ、病人を増やすか”

ヨケイナ事を言った山師は “病院へ行ってもらう”
~たいした事じゃない~病人が一人増えて~病院がもうかるだけだ。

“東京婆さん” には、
除草剤を配達する “この作業” が “ベテラン” の域に達していた。
              

          ……~たいした事じゃぁ~ない。

いつものように “三尺道” を流れ~知り合いの山師宅へ~

台所の醤油を取り出してみると、
    一升瓶の半分以上使っていたが、いつものように除草剤を入れた。

  2~3日は、何も起きなかったが
山師宅では、年に数回は御馳走(すき焼き)を食べる習慣がある。

昔~牛肉は、高価なゼイタク品だった。
~ステーキなんて、家庭では見たことが無い。
映画の中で “アメリカ人だけ” が食える肉だ。

……~“すき焼き” 以上の料理は、日本には絶対ない。
                          ~ステーキは非国民の喰い物だ。

…………あんなモン喰っているから~アメリカ人は、ハゲが多い。

           …~ホントかナぁ~…と、思いながら~土佐の田舎で育った。




 山師の食欲は絶大なもんだ。
空気がキレイな山奥の山村で、一日中重労働する山師は、

俗に言う “山師の一升メシ”

飯を一升食う “一升飯” と言われていた。
酒もメシも、一人で “一升” たいらげる。
と、例えられる大飯ぐらいが多かった。

それが~久々ぶりにスキヤキで晩飯となった。

焦げ付かないように、たっぷり汁を入れ
野菜や肉と一緒にウドンを入れて堪能するまで食った。

汁を多くしたのは目的があった。
    ウドンは汁を多く吸うから、初めからダシが出た汁を多めに……………

そして~
      ~久し振りのスキヤキは、一度で終わるのはモッタイナイ~

この様な場合。
現在の都会の若者には、理解できないだろうが。
~翌日アマリを食った。

つまり、
  その時食べたスキヤキの鍋を、その日に洗って仕舞うのがホントだろうが
            ……………………~それじゃぁ~そこでスキヤキが終わる。

だから~洗わずに、そのまま残して翌朝~再挑戦する。

これで~二度・すき焼きが食える。

………美味しく食べる・とか
     ~上品に食べる・とか
      ~そんなモン、土佐の田舎にはなかった。

徹底的に食う。
山師はスキヤキを残して、翌日の弁当に詰め込んだ。

山師の弁当カン~
この当時は、大きく・ひろい~金属製の箱。(弁当カンのカンは、缶の意味)

重箱よりは小さいが、
メシとオカズ(スキヤキ)を山モリに入れ、上からスキヤキの “汁” を

タップリかけた “汁カケ飯” の上から、
弁当カンのフタを~ギュウ~と押し込むと
メシがギュウ~と “圧縮され” 最大限のメシが入る。~容量の倍は入る。

 山師は、容量の倍は入った “巨大な弁当カン” を持って山仕事に出かけた。
…………………………“東京婆さん” の思惑で計算した数倍のパラコートを持って

いつものように汗をかき重労働に精出し、
全身の血液へ、内臓から吸収したエキスが廻った午後~山師は倒れた。

…………………そのまま病院へ運ばれたのだから病気だろうが、早すぎた。

山師の食欲は “東京婆さん” の思惑の数倍。
たぶん~除草剤の濃度もイツモより濃いかった。

“病気になった者” の原因と結果を、最も詳しく理解している婆さんは
    
   やがて~………~警察の足音がする~足音がする~足音がする~~~~~~

と、独り語を~繰り返し~繰り返し~繰り返し~~~~~~~~~~~~……………………

眼・黒

 …………不眠症とノイローゼ的な症状で、
             自宅付近の草むらに~隠れた警察官を探す様に
                   …………家の周りを徘徊する様になった。
                       

徘徊したから~見た人がいたのだろう~その後、即・精神病院に入院した。

田舎では、特に山村では
 ………………………~これは、非常に悪い言い方だが

よほど悪くならないと、この種の病院へ “入院” させない。

一族の者から “病” が出れば、村内の全てに知れ渡る~ウワサが走りだす。
                   ~だから自宅監禁された気の毒な事例がある。

虫歯と精神病は、早く病院へ行くほど治りが早いものだが、
僻地では~そうはいかない。

が、“東京婆さん” は、ノイローゼ程度・不眠症程度で早々と入院した。

      ……つまり~と、思う。
                周辺の身近な人達は、充分な認識があったのだろう。

“知っていた” とは言わない。

“充分な認識” が有った。
~だから “隔離” (病院)した。~逃げ込み寺だ。
      …………………………~このくらいは、言ってもいいだろう。


 しかし、その必要はなかった。

こっけいな “蛇足”~
       …………婆さんは、ヘビの絵に足を書いた。



 警察は “墓を掘った” ~“腐乱した膨満死体” を解剖した段階で

  すでに “収束宣言” の結論を用意していた。

           いや逆だ、“結論ありき” で “墓を掘った”

           ………………“結論の型” を整える為に “墓を掘った”
                                 
                        “墓掘り” は “お絵描き” だ  

                           ~自分は自分で守るしかない。

“お絵描き” をしながら上手に “↑上↑” へ ,
      …………………………県 警察本部 へ 御報告したんだろう。

~この刑事課長は

    ……出世街道を驀進(ばくしん)した。




     バカな “墓掘り” をしたのは、警察学校を出たばかりの
 
             クソ若造の~新米アホ警官だ。

                  ~オレの事さ、大ボケ野郎だ。

大ボケ野郎のクソ若造は
その後~何とかして~警察をヤメて、足を洗って正業に就こうとした。

一時期、独学で猛勉強して “社会保険労務士” の国家試験を取った。
都会なら~これでヤメだ。

が、不景気が続き~田舎の大企業(土建会社等)が、次々に倒産する中で
子供は進学~就職~女房は病気になって~結局何もできず

また気を取り戻そうと、一頑張りしたところが
またまた~四万十川の辺で、警察によって隠蔽された “警察犯罪”

                    「銀行員失踪事件」(悪魔と踊ろう)に遭い

ミミズの様に生きていく羽目になって、やっとこさ~定年より4年早く警察をヤメた。

大ボケ野郎の “墓掘り” から34年たって
    クソ若造の~新米アホ警官も中高年のクソオヤジになった。

60歳を過ぎ、後どのくらい生きるのか~
  ぼんやり、物思いにふけりながら田舎道を歩いている。


  遠くで~稲刈りの準備をしている田んぼの中に、
作業の邪魔をしている~無用のカカシが、一本足で笑いながら立っていた。
カカシ

脳ミソの中まで、ワラでできたカカシは、
       使う時も・捨てられる時も~笑えるもんだ。

まるで粗大ゴミの様に~~~
………………最初から~最後まで、笑いながら使われ~
                       ~笑われながら捨てられるピエロを~~~

なにか~自分を見ている様な・親しみと・あわれみを感じた。

  
   34年たった秋
          ~カカシにひかれて、腐乱死体を掘り出した墓を見たくなった。


~あれから34年
寒村は益々寒村に~すでに限界が過ぎたかのように、だれも歩いてなかった。
動いているのは、風に揺れる竹かススキの穂~村の亡霊か、他には動けない。

あの時の事件関係者は、皆さん全員~亡くなられた月日が流れた。
もし生きておれば、110歳を超えた人もいる。
              ………………………~それは~ないだろう。

みんな死んで、墓に入っている。
墓の中で何をしているのか、もし世間で話題になる死後の世界があるのなら

この大地を引き裂くか
~せめて、秋風のメロディ~♪で “地鳴り” ぐらい歌ったら~~♪~♪~~~~~♪

少しは、、マシな世の中に成るのかもしれない。

         ………………カカシは34年前の夢を山里に見た。 














































関連記事
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/09/28(日) 14:10:21|
  2. 荒雑録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<09/28のツイートまとめ | ホーム | 09/14のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zanba38.blog14.fc2.com/tb.php/237-33cfd9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。